よみタイ

稲田ズイキ「罰当たりなほどにユルくてポップな仏教トーク」

スルーされるにも程がある!? 身近すぎて伝わらない仏教

身近すぎて伝わっていない仏教用語 Part3

しゃか美:は? なにそれ皮肉? コケにしてるつもり? マジ腹たつんですけど〜! もう話しかけないでくれます?

ぶつ子:ハァ? 自業自得なことまだわかってないの? あんたマジ一回成仏してきたら?

㉓皮肉
よく考えてみると、なぜ皮と肉なんだろう。まさか、焼き鳥…ではない。「皮肉」は禅宗の始祖である達磨だるまが弟子たちに伝えた言葉が語源である。師は「皮・肉・骨・髄」に分けて弟子の評価をしたのだそう。つまり、皮・肉は表面は理解しているが、まだまだ本質には達していないことを指したたとえである。そこから、遠回しに相手の欠点を指摘するような意味として使用されるようになった。

㉔コケ
「貴様、我輩をコケにするつもりかぁぁ!」の「コケ」はあの苔ではない。「虚仮こけ」というお経の中でよく用いられる言葉が語源である。文字通り、嘘偽りを表す言葉である。「世間は虚仮にして、唯仏のみこれ真なり」という仏教大好き政治家こと、聖徳太子の言葉が有名。

㉕自業自得
「自業自得だよ」相手に追い討ちをかけてしまいがちなキラーワードである。現代では悪い結果が起こった場合に使われることが多いが、仏教では良し悪しは関係なく、自分が作った原因(自業)が自分の結果(自得)を生むという意味の言葉として用いられる。全部自分のせいだなんて、そんな現実を受けとめられない気持ちは重々わかる。でも、時にはそうでも思わない限り、他者を呪いすぎて前を向けないことだってある。そんなとき、自分で善い結果を求めて、改めて「自業自得」の意味を思い出してほしい。

㉖成仏
これは一番有名な仏教用語かもしれない。でも、現代で「成仏」といえば、ほぼ「死ぬ」ことと同義になっているのではないだろうか。「成仏」とは言葉通り、仏に成ることをいい、つまりそれはto be ブッダ、悟りを開くことをいう。なので、本来的には、成仏と死は関係ない。ただ、日本では臨終の後に西方極楽浄土に行き(往生)、成仏するという浄土の思想が広まったため、「死=成仏」と定着するようになったのだそうだ。とはいえ、仏教徒ならば、目指すものは誰もが成仏。僕もアウトローな活動が増えているためか「何目指してんの?」とよく言われるが、もちろん目指すものはブッダである! Alltogether here we 成仏!

仏教用語、世の中に溢れすぎワロタ

さて、ここまでいかがだったろうか。これでもかというほど、流れ出る仏教の濁流を受け止めすぎて若干ノイローゼになったのではないだろうか。少なくとも僕はなった。

ちなみに、日常語ではないけど、「カルピス」や「スジャータ」という商品名も由来は仏教語だと言われる。マジでどんだけ影響与えてんのよ仏教? 

中には「諸説あり」なやつもあるので、「おいおいそりゃ仏教由来とは限らないじゃねぇか!」と言う人もいるかもしれないけど、まぁまぁ大目に見て欲しい。

つまるところ、言いたいことは「仏教由来の言葉、ありすぎじゃない!?」なのだ。2500年前にインドで生まれ、飛鳥時代に伝来して以来、日本の文化の基盤にはいつも仏教があった。それは当然のように、僕らの日常を彩る「言葉」の中にも色濃く反映されている。

間違いなく、日本語にとって仏教は空気のような存在だ。なくてはならないし、あって当然の存在。それを現代でいちいち「実は仏教語なんだよ」と説明しないと伝わらないということは、それだけ本来の仏教と生活とが離れてしまっているからだろう。

いつだってこの世は諸行無常。時代に合わせて廃れていくものもある。もしかすると、それは仏教も然りなのかもしれない。でも、失くして初めて気付く大事なものを、あるうちから見つけよう、それが仏教でいう諸行無常の実践なのだ。
ほらほら、耳を澄ましたら聞こえてきませんか? 「もぉ〜ずっと待ってたんだよ?」って。ほら、仏教が、仏教が言ってる!!!!(錯乱)

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

稲田ズイキ

いなだ・ずいき●僧侶。1992年京都の月仲山称名寺生まれで現・副住職。同志社大学を卒業、同大学院法学研究科を中退、その後デジタルエージェンシー企業インフォバーンに入社。2018年に独立し、寺に定住せず煩悩タップリな企画をやる「煩悩クリエイター」として活動中。コラム連載など、文筆業のかたわら、お寺ミュージカル映画祭「テ・ラ・ランド」や失恋浄化バー「失恋供養」、煩悩浄化トークイベント「煩悩ナイト」などリアルイベントを企画しています。フリースタイルな僧侶たちWeb編集長。Twitter @andymizuki
過去の執筆・出演記事はこちら

竹内佐千子

たけうち・さちこ●漫画家。おっかけ対象が男子で恋愛対象が女子のレズビアン。
自身の恋愛体験を描いたコミックエッセイをはじめ、おっかけ、腐女子、などをテーマにしたコミックエッセイを描き続け、最近はストーリー漫画も描いている。
赤ちゃん本部長』(講談社)、『生きるために必要だから、イケメンに会いに行った。』(ぶんか社)など。
ホームページhttp://takeuchisachiko.jp/
Twitter @takeuchisachiko

週間ランキング 今読まれているホットな記事