よみタイ

佐藤誠二朗「グリズリー世代のバック・トゥ・ザ・ストリート」
グリズリー……それは北アメリカ北部に生息する大きな灰色のヒグマの名であると同時に、白髪交じりの頭を形容するスラング。頭にちらほら白いものが目立ち始める40~50代を、アラフォー、アラフィフといってしまえば簡単だけど、いくつになってもオシャレと音楽が大好きで遊び心を忘れない彼らを「グリズリー世代」と名付けよう――
そんな思いを胸に、自身もグリズリー世代真っ只中の著者がおくる、大人の男のためのファッション&カルチャーコラム。

デルフォニクスのタフなストレージボックスは男子のサガを刺激する

もともとはダイビング機材の運搬用として、1976年に開発されたアメリカ製のケース、PELICANをご存知だろうか。
防水性・耐衝撃性に優れているため、非常に信頼性の高いケースとして認知され、現在ではダイビングにとどまらず、軍、警察、消防、工業、アウトドア、カメラ業界などで幅広く使われている

プロのカメラマンさんがよくこのケースを使っていて、すごくかっこいいと思っていた。プロのスナイパーさんなんかも、愛用の銃を保管・運搬するためにPELICANを使っているという。

でも高価なカメラやレンズを持っているわけではないしダイビングもしない。マシンガンもショットガンも持ってない。
激しい衝撃がかかる行動をするわけではないし、年に数回プールや海水浴に行くくらいだから、高い防水性も必要ない。第一、入れるものを思いつかない。

でもやっぱり欲しい!
こういうタクティカルなアイテムに、無条件に惹かれてしまうのは、男子のサガといってもいいのではないだろうか。

使い道は後から考えればよし! とりあえず買って大満足なケース

だったら本物のPELICANじゃなくて、 それに近いものでもいいんじゃない? 
そんな僕に、ちょうどいいのがありました。

おしゃれ文具メーカーのデルフォニクスからリリースされている、「Bolla ストレージボックス」シリーズだ。
PELICANの最小のものよりずっと小さい文具サイズのSから、横幅24cmのXLまで、四種類のサイズがラインナップされている。防水性もバッチリらしいし、何よりも手頃なサイズと手頃な価格がいいところだ。

ペリカンと比べて無骨さは少し抑えめ、カラーリングや細部のつくりはむしろ洗練されていておしゃれだ。
しかし内部には本家と同様、衝撃を吸収するためのウレタンがしっかりと施されている。

僕はSとLサイズを購入。
さあ、何を入れようか。

……やっぱり思いつかない。
いろいろなものを出したり入れたりしながら考えている。

使い道はこれからじっくりと考えて決めることにします。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事