よみタイ

佐藤誠二朗「グリズリー世代のバック・トゥ・ザ・ストリート」
グリズリー……それは北アメリカ北部に生息する大きな灰色のヒグマの名であると同時に、白髪交じりの頭を形容するスラング。頭にちらほら白いものが目立ち始める40~50代を、アラフォー、アラフィフといってしまえば簡単だけど、いくつになってもオシャレと音楽が大好きで遊び心を忘れない彼らを「グリズリー世代」と名付けよう――
そんな思いを胸に、自身もグリズリー世代真っ只中の著者がおくる、大人の男のためのファッション&カルチャーコラム。

総柄刺繍の服は、夏のカジュアルスタイル必勝パターン

当コラム執筆者の僕氏は、女性受けする服というものにあまり興味がなく、基本的には着たいと思った服を自分本意でただ着ている。
そしてまあ、実際まったくモテない。そこのところはそっとしておいてもらいたいが、ひとつだけ、確実に女性受けする服があることを知っている。
夏場に活躍する服だ。

もったいぶってもしょうがないからとっとといくと、それは“総柄刺繍”。
ネクタイの小紋のような小さな絵の刺繍(プリントでもいいんだけど)が服全体に、パターン配置されている服だ。アイビー&プレッピーのファッションに多いので、ブルックス・ブラザーズやポロ ラルフローレンなどのショップに行くと、いい感じのものをよく見かける。

絵柄はなんでもいいが、僕は夏っぽいもの、ヤシの木やヨットなどが好きだ。
英字やブランドロゴのモノグラムなんかも雰囲気はいい。

若者よりもグリズリー世代にこそ似合うのが、総柄刺繍のいいところ

こういう服、若い頃にはまったく興味がなかったし、多分似合わなかったと思う。だけど歳を重ねていくつれ、なぜだか似合うようになったと感じ、実際に着ているとお褒めの言葉をいただくことが多くなった。だから少しずつローテーションに組み込むようにしていったのだ。

ここからは仮説だけど、上品で可愛らしい総柄刺繍の服は、ほっといても美しく可愛らしい若者が着るとその要素が相殺されてしまうのだろう。あるいは可愛らしさ過剰で気持ち悪くなってしまう。
その点、すでに生身は全然ちっとも可愛くないおっさんが着ると、服の可愛らしさが相対的に際立ち、「あら素敵」となるのではないだろうか。

なんだか書いていて悲しくなってきたので、分析はこのへんにしておこう。

総柄刺繍の服は、着てみるとリゾート感が醸し出されるのが分かる。だから秋冬の重衣料よりも春以降、できれば夏場の半袖シャツやショートパンツで選ぶのが望ましい。

そして大鉄則は、トップスかボトムスに総柄刺繍を着たら、合わせる服は無地のものにするということだ。柄on柄の着こなしは、場合によってはすごくオシャレになることもあるけれど、総柄の場合は避けたほうが無難なのである。

こういう服を着ている僕をみかけたら、ぜひ褒めてください。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事