よみタイ

佐藤誠二朗「グリズリー世代のバック・トゥ・ザ・ストリート」
グリズリー……それは北アメリカ北部に生息する大きな灰色のヒグマの名であると同時に、白髪交じりの頭を形容するスラング。頭にちらほら白いものが目立ち始める40~50代を、アラフォー、アラフィフといってしまえば簡単だけど、いくつになってもオシャレと音楽が大好きで遊び心を忘れない彼らを「グリズリー世代」と名付けよう――
そんな思いを胸に、自身もグリズリー世代真っ只中の著者がおくる、大人の男のためのファッション&カルチャーコラム。

大人の男が着る初秋のワンマイルウェアは、ヘンリーネックロンTに限る

いつでもどこでもTシャツでOKだった夏が終わり、ちょっと涼しくなってくると悩むのが“ワンマイルウェア”だ。
ワンマイルウェアとは、ほんのちょっとした外出時に着る服のこと。
1マイル=1.609kmだから、犬の散歩や近所のコンビニに行くくらいがちょうど当てはまる。

秋の始まりのこの時期、Tシャツだと少し肌寒いが、スウェットやニット、上着を着るほど寒くはない。
襟付きの長袖シャツだとちょうどいいけど、犬の散歩ごときでわざわざシャツを着るのはちょっと窮屈だ。

で、ちょうどいいのがロングTシャツ。
だけどロングTシャツというのは、中年以上の男性にはちょっと厳しいアイテムである。
半袖Tシャツだと大丈夫なのに、袖が長くなるだけでなぜか間延びした情けない雰囲気が漂ってくるからだ。
そういった“抜け感”は、ツヤツヤした若者にはちょうどいいのかもしれないが、いい年のおっさんだと、本当に知性や魂まで抜けているように見えるので注意が必要。

でもまあ近所までだからいいか、と安易に考えるのは良くない。
僕の場合、自宅で仕事をしているので、平日の昼間から近所の奥様方とよく顔をあわせる。
中年ニートや子供部屋おじさんだと思われないように、いくらワンマイルといっても少しだけ気を引き締めなければならない。

ジェントルマンの国で生まれた由緒正しきスポーツウェアだから大丈夫!

長きにわたる研究のすえの私見だが、大人の男のための初秋ワンマイルウェアとして最適なのは、ヘンリーネックのロンTであると断言したい。
クルーネックやUネック、Vネック、ボートネックなどのバリエーションがあるTシャツの首もとデザインのうち、唯一ボタンを使う仕様なのがヘンリーネックだ。

“ヘンリー” という呼び名は、イギリスの地名に由来している。
ロンドンから西へ約55km離れたテムズ川上流の小さな田舎町、ヘンリー・オン・テムズ。毎年初夏、ここをスタート地点としてロンドンまでテムズ川を下るボートレースが開催される。1839年に発足したヨーロッパ最古のボートレース、ヘンリー・ロイヤル・レガッタだ。
イギリスを中心とした世界各国のチームが参加し、19部門の対抗戦が開催されるヘンリー・ロイヤル・レガッタは、テニスのウィンブルドン選手権、競馬のロイヤルアスコット開催、ゴルフの全英オープンと並ぶ、イギリスの夏の風物詩だ。

かつてそのレースで多くの選手が着用していたシャツが、首元にボタンをつけた前開き形状のTシャツ。つまりヘンリーネックTの原型なのである。

ヘンリー・ロイヤル・レガッタと、僕がコンビニに行くときの格好に何の因果関係もないのだが、そんな由緒正しきヘンリーネックTなら大丈夫! 隣の奧さんに見られてもOK! という気がするのだ。

なんとなく、気分的に。

僕が持っているヘンリーネックのロンTは3種類。部屋着の延長なので当然、お手頃なファストファッション系のものだ。
ユニクロのワッフル生地のものは着心地がいいので、色違い・サイズ違いで持っている。ネイビーの少し厚手のものは、かなり前に買ったH&M×デヴィッド・ベッカム。だいぶ傷んできているので、もうそろそろおさらばだ
そして最近追加したのは、仲屋むげん堂にあった麻素材の薄手なネパール製のものである。

蛇足だが、ヘンリーネックよりもさらにリラックスできるワンマイルウェアとして、いま気になっているのが、“鯉口シャツ”や“ダボシャツ”と呼ばれる昔ながらの前開きシャツ。『男はつらいよ』の寅さんが着ているあれだ。
きっと最高に快適なのではないかと思うんだけど、あれに手を出してしまったら、ご近所の評判関係も確実に終わるので、我慢しているのである。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事