よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」
「綾子さんに聞けば間違いない!」――美味なレストランも気の利いた手土産もとびきりのお取り寄せも、おいしいものには死ぬほどうるさいギョーカイのみんなが頼りにするのが、フードパブリシスト高橋綾子のグルメ手帖。誰もがうなる美味の数々を惜しげもなく公開します!

1滴たりとも残したくない濃厚蟹みそソース! あまりの美味にファンが悶絶〜シンシア〜

あれはもう何年前のことだろう。
渋谷の松濤に佇む「バカール」という小さなフランス料理店に行っていたのは。

フランス三つ星仕込みの石井真介シェフによる正当だけど斬新で美しい料理、トークが楽しいソムリエの選ぶワインも秀逸、それがコース6,000円ですもの、本気で予約が取れない。
当時はネット予約なんてなかったから電話をかけるしかなくて本当に大変だったけど、それでも行きたかった。

それだけ魅力的だったのです。

嘘偽りのない、という意味を持つ店名
嘘偽りのない、という意味を持つ店名

正統派な味だけどちょっぴり斬新に仕立てた料理に、気さくなサービスと気軽に通える価格で、肩ひじを張ってしまいがちのフランス料理がすごく身近に感じられるようになったし、フランス料理の存在を大きく変えたお店のひとつでした。

かなり必死で予約を取り、名前を覚えてもらった頃、突然長期休業に。

あまりにショックで、その間はバカールの公式通販で「バーニャカウダ」を購入したり、レストラン休業中も店頭でだけ販売が続けられていた名物のブリオッシュを午前中から並んで買ったり、整理番号をもらって「松濤スフレ」を食べたりして、“バカールロス”をしのいでいたなぁ。

一度復活はしたけど、結局、閉店してしまったのです。

それから1年ほど経ったある日、SNSで石井さんが「シンシア」というお店を北参道にオープンすると知り、いてもたってもいられずプレオープンに駆けつけました。
この日を待ちわびていた人たちがわんさか訪れ、オープン前から予約困難というものすごいお店の誕生を目の当たりにしたのです。

ゆったりとくつろげる店内はいつも満員御礼です
ゆったりとくつろげる店内はいつも満員御礼です

オープン当時の「シンシアコース」にはバカールの料理がいくつか入っていたのですが、その後すぐに「バカールコース」「シンシアコース」「オートクチュールコース」の3本立てとなりました。

来店していた多くはバカールのファン、だからバカールの料理を出すことがお客さまに喜んでもらえることだと石井さんは考えたそう。
でも、新しい石井さんの料理を期待した人もたくさんいることがわかった。

悩んだ結果、バカールを封印してシンシアの料理を確立することにしたのだそうです。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事