よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」
「綾子さんに聞けば間違いない!」――美味なレストランも気の利いた手土産もとびきりのお取り寄せも、おいしいものには死ぬほどうるさいギョーカイのみんなが頼りにするのが、フードパブリシスト高橋綾子のグルメ手帖。誰もがうなる美味の数々を惜しげもなく公開します!

行けば行くほどカスタマイズされる絶品中華の虜に! 〜新富町 湯浅

一品目の前菜で心奪われました。
こんな組み合わせ方があるのかと。

見た目では和食と融合しているのかと思いましたが、れっきとした中国料理です。
新富町 湯浅」という店名も中国料理のイメージではないですが、れっきとした中国料理です。

この「冷拌勾翅」で湯浅さんの料理の虜になりました
この「冷拌勾翅」で湯浅さんの料理の虜になりました

さて、その前菜ですが、まずは得意とするフカヒレ料理から。
根と芽を摘んで同じ長さに揃えた美しいモヤシがシャキシャキで食感を楽しませてくれ、トゥルトゥルのヨシキリザメにメヒカリの魚醤とエシャロットソースを合わせていて、これがめちゃくちゃおいしい! そしてスダチがいい仕事してて、かけるとうまみが増す。

心奪われた理由、わかっていただけたでしょうか。

「東京モダンチャイニーズ」と謳われる湯浅大輔シェフの料理は、和食器に盛り付けたり、カトラリーにナイフとフォークがあったりするので、ガチなクラシックスタイルではないけれど食べるとちゃんと中国料理ってところが“ツボ”なのです。

特級クラゲを使った「辣味海蜇皮」は食材の組み合わせが素晴らしい! マッシュポテトのように仕上げた里芋がヤバウマ!
特級クラゲを使った「辣味海蜇皮」は食材の組み合わせが素晴らしい! マッシュポテトのように仕上げた里芋がヤバウマ!

そう感じるのは湯浅さんが大切にしていることのひとつであるスープによるもの。
修業先「御田町 桃の木」の小林武志シェフから「どれだけ忙しくてもスープだけはちゃんととれ!」と教わり、ベースになる清湯スープをはじめ、白湯スープ、上湯スープなどすべて時間をかけて丁寧にとっています。
見せていただいた清湯スープはほぼ無色透明に澄みきっていて、それはそれは美しいスープでした。

素剥きにしたメジロザメの尾ビレを自ら戻してたっぷりのせた「上湯金翅」はあまりに人気で定番料理に
素剥きにしたメジロザメの尾ビレを自ら戻してたっぷりのせた「上湯金翅」はあまりに人気で定番料理に
1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事