よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」
「綾子さんに聞けば間違いない!」――美味なレストランも気の利いた手土産もとびきりのお取り寄せも、おいしいものには死ぬほどうるさいギョーカイのみんなが頼りにするのが、フードパブリシスト高橋綾子のグルメ手帖。誰もがうなる美味の数々を惜しげもなく公開します!

台東区佐竹商店街に口コミだけで予約が取れないフレンチ出現 〜K.H. DOWNTOWN CUISINE〜

ものすごいお店ができたのでご一緒しましょう、とお誘いいただき、2018年の12月に訪れたのが、長谷川幸太郎オーナーシェフの「K.H. DOWNTOWN CUISINE」でした。

物件探しもロゴの製作も地元の友人たちが協力してくれたそう
物件探しもロゴの製作も地元の友人たちが協力してくれたそう

初めて降りた新御徒町駅、下町らしさいっぱいの商店街は、失礼ながら申し上げるとフランス料理が成功するとは思えない街並かと。
ところが!

まだプレオープン中でしたが、「今日はなんでダメなの? じゃ、明日は?」「あなた長谷川さんとこの息子さんでしょ」と、通りがかりの“おばちゃん”たちが、まぁ、来るわ来るわ。なんて地元に愛されているのだろうと思いました。

しかも長谷川さんったら告知も宣伝もせず、ひっそりとプレオープンしちゃったので、ギョーカイ人もグルメさんも、長谷川さんとかなり近しい人だけがこの名店に訪れることができ、その人たちは当然のことながら次の予約を取って帰り、さらに地元のみなさまの応援も相まって、グランドオープンの4月にはすでに予約を受け付ける2ヶ月先まで満席状態になっていたというワケ。

長谷川さんの料理は優しく穏やかで食材愛にあふれ、本当に幸せになります
長谷川さんの料理は優しく穏やかで食材愛にあふれ、本当に幸せになります

なぜ、そんな状況に? と思うかもしれませんが、経歴をみれば必然ですので簡単にご説明しましょう。

長谷川さんの料理人生は小学生の頃、病床の母親に代わって料理をしたことで始まりました。
自分で作る楽しさはやがて“好き”に変わり、高校受験時に母親が他界したことで、料理人として生きることを決意。するとたまたま近所の人が「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」の総料理長で、その人に導かれ16歳でパティシエとして勤務。4年後には同ホテルのメインダイニング「ザ・サミット」に迎えられる。

「カーエム」「銀座レカン」などで修業し、渡仏。3年半、星付きレストランで研鑽を積み、モンペリエの三つ星「ル・ジャルダン・デ・サンス」ではシェフの右腕とまでなったのです。
その縁で帰京後は「サンス・エ・サヴール」「ラ・フェットひらまつ」で料理長として腕をふるい、「ボキューズ・ドール国際コンクール」で日本人として初の入賞を果たすなど、長谷川さんの料理人生はキラッキラに輝きました。そのキャリアを手に、いよいよ自身の店を持つことにしたのです。

壁にはお世話になっている生産者さんたちの写真が飾られています
壁にはお世話になっている生産者さんたちの写真が飾られています
1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事