よみタイ

大手事務所トップたちが本音と育成戦略をぶっちゃけ!! 「私たちがほしいレースクイーン、いらないレースクイーン」

大手事務所トップたちが本音と育成戦略をぶっちゃけ!! 「私たちがほしいレースクイーン、いらないレースクイーン」

SUPER GTに最多20人を送り込む事務所社長の“赤本作戦”とは!?

結局、伸びるレースクイーンに共通しているのは、人としての立ち振る舞い。時間を守る、協調性がある、何事にも一生懸命とりくむなど基本的なことだという。
結局、伸びるレースクイーンに共通しているのは、人としての立ち振る舞い。時間を守る、協調性がある、何事にも一生懸命とりくむなど基本的なことだという。

どうしたら一人でも多く合格させることができるのか。戸坂さんが考え出したのは、前述の通り“傾向と対策”を年度ごとに細かくまとめ、徹底的にデータ化するものだった。

「大学受験用の過去問題集で、傾向と対策をまとめた赤本ってあるじゃないですか。あの手法を取り入れたんです。各大学にカラーがあるように、レースクイーンを採用するクライアントにも、それぞれ採用基準の傾向というか、色があるんですよね。そこをレースクイーン志望者に、事前にレクチャーする。このユニットの面接ではこういうことを言うとウケがいいとか、別のユニットだったら、何か一芸を披露すると面接官の印象に残るとか」

SUPER GTで最大勢力となった今でも、戸坂さんはあぐらをかかない。めでたくレースクイーンとなったとしても、福江さんのケースのように、所属レースクイーンたちから引きも切らず相談を受けるからだ。

「人はみな、必ずどこかしら他の人とは違う個性を持っているものです。僕のほうでそこをちゃんと把握できていれば、適材適所というんですかね、レースクイーンのユニットはもちろん、その先の進路についても、各々にヒントを出せると思っています。この子は女優、この子は歌手、モデルといった具合に」

最後にどうしても知りたかったことがある。

素朴な疑問だが、レースクイーン界の“巨人的存在”である都筑さんや戸坂さんから見て、どういう人材が伸びるタイプなのか? 

二人の答えはほぼ一致していた。

まず、レースクイーンになりたいという、明確な意志があること。このユニットに入って、
誰を目標として、チームの一員として機能したいといった具体性が大事だということ。

次に、チャラついていないこと。たとえば、お金持ちの男性たちにいろいろとサポートを受けるような甘ったれた生活をしているようでは、過酷なレースクイーン業務なんて、馬鹿馬鹿しくなってしまい、必ず手を抜く。見ている人は見ているものだ。

最後に、人としての立ち振る舞い。時間を守る、協調性がある、何事にも一生懸命とりくむなど。どの世界にも通じる基本要素だが、案外できていないそうだ。

これからまた、年をまたいでレースクイーンの採用試験が本格化する。もし、読者の中に目指す女子がいたら、ぜひともご参考にしていただきたい。

第8回につづく)

バナー写真提供/GALSPARADISE

連載第1回はこちらから
連載第2回はこちらから
連載第3回はこちらから
連載第4回はこちらから
連載第5回はこちらから
連載第6回はこちらから

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋史門

たかはし・しもん●エディター&ライター。1972年、福島県生まれ。日本大学在学中に、「思想の科学」にてコラムを書きはじめる。卒業後、「Boon」(祥伝社)や「relax」、「POPEYE」(マガジンハウス)などでエディター兼スタイリストとして活動。1990年代のヴィンテージブームを手掛ける。2003年より、「週刊プレイボーイ」や「週刊ヤングジャンプ」のグラビア編集、サッカー専門誌のライターに。現在は、編集記者のかたわら、タレントの育成や俳優の仕事も展開中。主な著作に「松井大輔 D-VISIONS」(集英社)、「井関かおりSTYLE BOOK~5年先まで役立つ着まわし~」(エムオンエンタテインメント※企画・プロデュース)などがある。

週間ランキング 今読まれているホットな記事