よみタイ

金内柊真「負けの烙印だけは押されたくない~新世代の逆襲」
「ゆとりだからとか若いからとか、そんな通り一遍な理由で負けの烙印だけは押されたくない」――有名になりたいと公言し、夢を叶えるためにがむしゃらに突き進む22歳・美容師・金内柊真。世代を超えて届けたい、熱すぎるメッセージがここに。

我慢が我慢にならない相手と結婚できたら僕はずっと好きでいられる気がする

結婚願望はあります。
今は仕事でその余裕はないけれど、いつか。
結婚するとその人の人生も背負わなきゃいけない。その覚悟はまだできてないです。
しっかりと夢を叶えて、相手のことを支えられると思えたら、したいなと思っています。

理想は床で寝ている僕に布団だけかけて放っておいてくれる人

僕、家に帰るとゆっくりしたいタイプなんです。
外で張りつめてがんばっている分、家では気を抜きたい。

朝から晩まで働いた日なんて、家に帰って入った瞬間に気が抜けて、玄関の床で寝てしまうこともあるくらい。
ダウンって暖かくてすごい……と思いながら、そのまま床で朝までということもあります(笑)。

そこも含めて、仕事に理解があって、僕をわかってくれる人がいい。
誰だってそうだと思うんですけど、疲れているところに追い打ちかけて「ちゃんと着替えて!」なんて厳しいことを言われると辛くなっちゃう。
床で寝てしまっている僕に、布団だけかけて放っておいてくれるような人がいいです。

実は僕、家事も不安なんですよ。
もちろん求められたら頑張るつもりではあります。
ただ、ちょっとクオリティに自信がなくて……。

僕は家を好き勝手に扱うタイプ。
丁寧に扱いたい人から見たら「雑だ!」って思われてしまう暮らしをしている自覚があります(笑)。
自分が気にならないところを「きっちりやって」って言われて、それが出来なかったらどうしよう……と、少しドキドキしています。

実は母親は「すべてをきっちりやりたい」というタイプだったんです。
なので少し恥ずかしい話ではあるのですが、実家では母親が家事はすべてやっていました。
「私のやり方があるからさわらないでくれ」って言われていたんですよ。だから、きっちりした人に合わせて家事をした経験がなくて……。
でも、母親みたいになんでもやってくれる人がいいというわけではないですよ。

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

金内柊真

かねうち・とうま●1996年大阪府出身。東京総合美容専門学校卒業後、
2017年よりヘアサロン「ALBUM」に入社し、現在は新宿店勤務。Twitterから発信する熱いつぶやきが多くの共感を集め、2018年8月に初の著書「才能が無ければその分努力すればいい」を刊行。2018年10月現在、Twitterでは約13万、Instagramでも約8万のフォロワーを持つ。

Twitter●https://twitter.com/Kaneuchi_Toma
Instagram●https://www.instagram.com/Kaneuchi_Toma/

週間ランキング 今読まれているホットな記事