よみタイ

ブンゴウ泣きたい夜しかない。~文豪たちのなんだかおかしい人生劇場
「文豪」というと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。
いつも気難しそうな顔をしてて、メガネかけてヒゲなんか生やしてて、伊豆あたりの温泉旅館の一室で吸い殻山盛りの灰皿を脇目に、難しい小説なんか書いてる…。そんなイメージを持たれがちな彼らですが、実は現代人とたいして変わらないような、実に人間臭い面もたくさんあるのです。

さて、今回は、普遍のテーマともいえる、「恋と友情」のあいだで、奇妙なつかずはなれずを繰り返した天才詩人・中原中也と俊才の批評家・小林秀雄、2人の文豪とひとりの女優の三角関係についてのお話、前編に引き続いて後編をお届けします。

【文豪と三角関係】早逝した天才詩人・中原中也と運命の女・長谷川泰子、盟友・小林秀雄との「奇妙な三角関係」(後編)

一度は小林秀雄に奪われ、つかず離れずいがみ合いながらも、泰子への愛の詩を綴り続けた中也の屈折

中原中也(なかはら・ちゅうや)
1907年4月29日 – 1937年10月22日
詩人。山口県出身。東京外国語学校専修科卒業。代々開業医である名家の長男として生まれる。中学在学中に刊行した歌集『末黒野(すぐろの)』で詩才を示した。ランボーやベルレーヌに傾倒し、象徴的手法で独自の世界を築いたが30歳の若さで他界する。詩集「山羊の歌」「在りし日の歌」など。

小林秀雄(こばやし・ひでお)
1902年4月11日 – 1983年3月1日
文芸評論家、編集者、作家。東京都出身。東京帝国大学文学部仏文科卒業。1929年雑誌『改造』の懸賞評論『様々なる意匠』で文壇にデビュー。翌30年から『文芸春秋』に文芸時評を連載し批評家としての地位を確立した。近代日本の文芸評論の確立者であり、ランボーやボードレールなどフランス象徴派の詩人たちやドストエフスキー、志賀直哉らの作品に影響を受ける。 1967年文化勲章受章。

(前編はこちら

気に入った人間がいると近所に引っ越すのが中原中也という男、今度は小林秀雄の家の近所に引っ越します。以前から富永を通して面識があった二人ですが、この頃から小林は毎晩のように中也の家にやってくるようになります。東京大学仏文科の小林は文学議論好きな中也にとって最高の相手でしたが、この引っ越しは不幸の始まりでもありました。中也の家に通ううちに小林は泰子に密かな恋心を抱くようになったのです。

小林は『中原中也の思い出』の中で当時のことを「私は中原との関係を一種の悪縁であつたと思つてゐる。大学時代、初めて中原に会つた当時、私は何もかも予感してゐた様な気がしてならぬ。(中略)私は彼の情人に惚れ、(中略)奇怪な三角関係が出来上がり…」
と回想しています。

ある時、中也が山口に帰っていたときのこと。中也が留守であることを知ってか知らずか、小林が中也のアパートを訪ねて来ます。この頃の中也は泰子のことはほったらかしで文学仲間との交流に熱心で、一方の小林は東京育ちで野暮ったさがなく、その言葉には泰子を思いやる優しさがありました。
これを機会に小林と泰子は二人きりで会うようになります。

文芸評論だけでなく、作家、美術・古美術の収集鑑定家でもあった博覧強記の小林秀雄
文芸評論だけでなく、作家、美術・古美術の収集鑑定家でもあった博覧強記の小林秀雄

中也だけでなく小林秀雄まで虜にしてしまう泰子、まさに魔性

「二人で大島に行かないか」

ある日、意を決したように小林が泰子に言いました。大島に行くとなれば一泊はすることになり、今までの無邪気な交際とは訳が違ってきます。「中原を去って俺のところに来い」という意思表示であるこの言葉に戸惑う泰子でしたが、女優としての活動を良く思わない中也に閉じ込められているような生活に息詰まりを感じていた泰子は大島行きを約束してしまいます。

約束の日、品川駅で午後一時に落ち合うことになっていた二人。中也は朝から出かけていました。ポツリポツリと雨が降ってくる。何も言わず出ていこうと泰子が決心した時、思いがけず中也が帰ってきます。そうなるとなかなか家を出ることができない。約束の時間は刻々と近づいてくる。「ちょっと、出かけてくる」泰子はそう言って急いで品川駅に向かいましたが、すでに時刻は二時を過ぎており、約束の場所に小林の姿はありませんでした。

泰子にふられたと思った小林は、ひとり大島に向かったのです。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
進士素丸

しんじ・すまる●1976年2月生まれ。ライター・文筆家。「文豪どうかしてる逸話集」(KADOKAWA)著者。文豪や歴史にまつわるツイートも話題に。
雑誌・ウェブ媒体などに寄稿しつつ、映像制作やデザインなども手掛ける。

Twitter●@shinjisumaru

週間ランキング 今読まれているホットな記事