よみタイ

何かが起きるかもしれない日をズバリ日付で指定して占う「運命日」占いを創案した占星術家の橘さくらさん。これまでにもリーマンショックや金融情勢などを占いで的中させ、昨年の個人鑑定では、2020年のコロナの第2〜3波の到来についても早くから指摘していました。
 
先日のインタビューでは3~4月の運勢と運命日をお話ししてくださったさくらさん。2021年はまだまだ激動ともいえる運勢が続くようですが、そうした揺れる時代を乗り切るヒントを、新刊『橘さくらの「運命日」占い 2021 最新版 揺れ続く「風の時代」にあなたをうまく調和させるために』から、ご紹介します。

あなたと誕生日が同じ、 誕生日が忌日にあたる著名人の運勢や運命にはヒントが隠されているのです

「友愛」「博愛」「清らかな風」「宇宙」……2021年のキーワードたち

2020年12月22日に起きたグレート・コンジャンクションによって、約200年続いた「地の時代」が終わり、新しい「風の時代」が始まりました。

「地の時代」は、私たちがよく知っている、伝統を尊び、家柄や学歴、社会的地位、資産など、目に見えてわかりやすいものが個人の評価に直結していました。
なので、現実的で、所有欲や享楽欲といったものが強く、経済活動を第一とした社会のしくみが構築されていたのです。

一方、「風の時代」は「循環」「超意識」がテーマとなる、これからおよそ200年続く新時代です。
すでにSNSの普及によってあらゆる情報が循環していますし、循環型社会、といった言葉を聞いたことのある人も多いでしょう。そして、情報化が加速し、個が重要視されていく、この新時代はともすると殺伐としたものになってしまうかもしれません。

もしかしたら、波乱含みの風の時代の中で、すでに混乱を感じたり、キリキリ舞いしている人も少なくないかもしれません。けれど、時代は切り替わり、私たちも進化していかねばなりません。
でも、それはリセットのような急激な進化ではなく、リブート――連続性を捨て、新たに仕切りなおす、再起動のようなもの――でいいのです。

そして、こうした新時代でのリブートには、あなたのベースに「洗練された博愛的な愛」があるかどうかが、とても大切なのです。
「友愛」「博愛」「清らかな風」「宇宙」……これらはみな、2021年のキーワードです。

始まったばかりの「風の時代」にナチュラルに清らかに調和するために――あなたの誕生日が教えてくれる小さなヒントを本の中からご紹介します。

激動の風の時代はまだ始まったばかり。あなたの運命の道筋はどこへ……
激動の風の時代はまだ始まったばかり。あなたの運命の道筋はどこへ……
1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

橘さくら

橘さくら(たちばな・さくら)●占星術家。12星座と惑星のリンクを読み解き、「何かが起きるかもしれない日」を日付でズバリと指摘する『運命日』占いを創案。その的中率の高さ、優しさをもって語られる未来と運命の解説のわかりやすさで、モデルや女優、政財界関係者など、多くのセレブたちの絶大な信頼を得ている。数々の女性誌の占い特集、国内外のファッションブランドとのコラボレーションでも活躍。SNSを通じて、個人鑑定の受付も行っている。
橘さくら公式サイト

週間ランキング 今読まれているホットな記事