よみタイ

ブンゴウ泣きたい夜しかない。~文豪たちのなんだかおかしい人生劇場
「文豪」というと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。
いつも気難しそうな顔をしてて、メガネかけてヒゲなんか生やしてて、伊豆あたりの温泉旅館の一室で吸い殻山盛りの灰皿を脇目に、難しい小説なんか書いてる…。そんなイメージを持たれがちな彼らですが、実は現代人とたいして変わらないような、実に人間臭い面もたくさんあるのです。

今回は数々の抒情的作品を残し「金沢三文豪」と呼ばれた犀星の、とびきりの愛猫家ぶり、そして胸に沁み入るようなそのエピソードをお届けします。

【文豪と愛猫】亡き愛猫の毛を自らの文学碑の側にひっそりと埋めて〜ひたすら優しく慈しむように猫を愛した室生犀星

室生犀星(むろお・さいせい)
1889年8月1日 – 1962年3月26日
石川県金沢市に生まれ『抒情小曲』『愛の詩集』といった近代抒情詩を発表。のちに小説に転じ、『或る少女の死まで』を始め、数々の名作を世に送り出した。泉鏡花、德田秋聲とともに「金沢三文豪」といわれる。
代表作に『抒情小曲集』『愛の詩集』(1918年)、『性に眠覚める頃』(1920年)『杏っ子』(1957年)など。

猫好きでなくてもたまらないかわいさ! 火鉢猫「ジイノ」の誕生秘話

抒情詩人として出発した室生犀星は生涯に何匹もの猫を飼い、猫が登場する詩や小説を多く残した文人でした。

そして犀星は「猫を飼うための3つの掟」を定めていました。

その1 オス猫だけを飼うべし。
その2 仔猫は飼うべからず。
その3 嫁の猫には関与するべからず。

ざっくりまとめるとこんな感じです。

その1は、メス猫を飼うと子供を産んでしまい、その貰い手先などに苦慮させられるからだそうで、その2は、家具や建材を大事にした犀星は仔猫にいたずらされるのが我慢ならなかったのだそう。その3は、奥さんも猫を飼っていたのですが、犀星は自分の猫と奥さんの猫をきっちりと分けて考えており、奥さんの猫については知らん顔で、自分の猫ばかりかわいがっていたそうな。

猫好きで有名だった犀星の家の前には近所の人が何度も猫を捨てていくので、「そのうちワシは猫屋敷のおやじになってしまうぞ」と嘆きましたが、結局はそれらの捨てられた猫たちを放っておくこともできず、たくさんの猫に囲まれて暮らしました。

中でも特に犀星が愛したのがジイノと名付けた虎猫と、軽井沢で貰い受けたカメチョロと名付けた猫です。

ジイノのために火鉢の火加減まで調節したという犀星先生(写真提供/室生犀星記念館)
ジイノのために火鉢の火加減まで調節したという犀星先生(写真提供/室生犀星記念館)

ジイノは昭和32年に室生家の庭に迷い込んできたオスの虎猫でした。
犀星の長女・室生朝子が著書『うち猫そと猫』でも記しているように、朝子がその猫の名前をつけようとじっと見つめているうちに、過去に見た映画に登場する少年を思いだし、「ジイノ」と呼ぶようになったといいます。

ある日、ジイノが犀星の書斎に入ってきて火鉢の近くで寝ていた時、もっと火鉢に近づけてやろうと犀星がジイノの背中とお尻を押すとジイノは火鉢の縁に両前足をちょこんと乗せて暖を取り始め、それ以来ジイノはいつもその姿で眠るようになったそうです。
犀星先生、ジイノのこの姿にメロメロだったようで、ジイノが火傷しないように火加減を調節してやりつつ、朝子を呼んでは見せつけ、客人がくるといつも自慢したそうな。

「猫の毛のあぶらはひどいものだ。ジイノが手をかけた火鉢のふちは、くもってしまって、おかげで艶布巾つやぶきんをかける手間が多くなった」(『うち猫そと猫』より)

なんていつも文句を言っていたらしいが、絶対嬉しそうに火鉢磨いてるでしょ、犀星先生。

 

火鉢でうとうと……なんとも気持ちよさそうなジイノ(写真提供/室生犀星記念館)
火鉢でうとうと……なんとも気持ちよさそうなジイノ(写真提供/室生犀星記念館)
1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

進士素丸

しんじ・すまる●1976年2月生まれ。ライター・文筆家。「文豪どうかしてる逸話集」(KADOKAWA)著者。文豪や歴史にまつわるツイートも話題に。
雑誌・ウェブ媒体などに寄稿しつつ、映像制作やデザインなども手掛ける。

Twitter●@shinjisumaru

週間ランキング 今読まれているホットな記事