よみタイ

南和行「離婚さんいらっしゃい」

お母さんは結婚の続け方を教えてくれなかった

【弁護士とホク子 再び】

(弁護士)
もういらっしゃらないと思いました。
ホク子さんは法律としての離婚問題ではまったくなかったから。

(ホク子)
でも、本当に離婚することになったんです。

(弁護士)
そうなんですか? またなぜ?

(ホク子)
お互いのことは尊敬しているのですが、
やっぱり気を遣い合うだけのような気がして。

(弁護士)
お母さんまで巻き込んで?

(ホク子)
母と私の関係は、
たしかに私が母を意識しすぎて、
自分をがんじがらめにして、
夫に対して私は、
助けてもらいたかったんだと思います。

私が、大きな声で助けてって言わないと、
夫にはわかってもらえないならと思って・・・・・・

(弁護士)
それで旦那さんに離婚したいと伝えたんですか?

(ホク子)
はい。
でも、夫は、
離婚したくないと言うので、
私は家を出て実家の近くで一人暮らしを始めました。

(弁護士)
旦那さんが離婚したくない理由は?

(ホク子)
まだ結婚生活は始まったばかりで、
子供ができたらまた関係も変わるかもしれないと。

(弁護士)
ホク子さん的にはそれはないのですか?

(ホク子)
私は、私のことを助けてもらいたいのに、
夫に「子供ができたら」って言われてしまうと、
夫に対する「産まなきゃ」のプレッシャーが大きくなりすぎると思ったので。

(弁護士)
お母さんの「やり直し」という言葉は、
まだ引きずっているんですか?

(ホク子)
母は関係ありません。
私が離婚したいので、離婚調停を、
先生にお願いしたいと思ったのです。

(弁護士)
なるほど、わかりました。
ホク子さんが、いよいよ自分で決めての離婚ですから。
優しい旦那さんだから、
調停になれば離婚に応じてくれると思うのですが。

(ホク子)
私もそう思います。

(弁護士)
でも、ホク子さん、
離婚してもホク子さん自身が、
幸せになれるかはわからない、
それは伝えておきますね。

(ホク子)
・・・・・・どういうことでしょうか?

(弁護士)
たしかに、ホク子さんのお母さんは、
小さいときからホク子さんに少し支配的で、
特に「結婚」について、
ホク子さんにプレッシャーをかける人だった、
そんな気はします。

(ホク子)
だから母は関係ありません。

(弁護士)
そして、旦那さんは、
優しいけれど、
自分から飛び込んでまで、
ホク子さんを助ける人ではなかったのかもしれません。

(ホク子)
そうなんです。

(弁護士)
だけど、忘れてはいけないのは、
お母さんも、旦那さんも、
ホク子さんに幸せになってもらいたい、
そういう気持ちですべて行動していたということですよ。

(ホク子)
それは・・・・・・

(弁護士)
旦那さんが調停になって離婚を受け容れるということは、
旦那さんが、ホク子さんに幸せになってもらう気持ちをあきらめた、
ということですよ。

(ホク子)
でも、私は、夫の言うとおりで、
私が幸せになれると思わないし、
それなら母の言うとおりでいいと思って。

(弁護士)
ホク子さん、もう一度、自分の人生を、
自分が幸せにすることを考えてみませんか。

(ホク子)
私はだから、離婚って考えたんです。

(弁護士)
お母さんの言うとおりとして、
考えるんじゃなくて、
ホク子さんはどう考えるのですか?

lakov Filimonov
lakov Filimonov

やり直すことを自分で決めたホク子

さすがのホク子も、
弁護士がホク子の案件に消極的なことはわかった。

ホク子は、もうずいぶん長い間、
自分で自分のことを決めることから遠ざかっていた。

自分で自分のことを決めたのは、
中学校のソフトボール部の入部と、
大学受験の志望校選びくらいしか記憶になかった。

そしてその時は、
母への反発心が自分の判断基準だった。

そして、今は、
優しすぎる夫への反発心から、
「離婚する」と言っているように思えた。

ホク子は、

「子供を持つことは気持ちも含めて、
 タイミングが合ったときと思っている」

と伝えて、離婚することはやめにした。

夫がどうしても子供がほしければ、
夫から何かリアクションをするだろう。

考えられないのがホク子なんだから、
無理に逆噴射のように直情的な思いから、
「離婚する」と暴れてみても、
それが必ずしも自分の考えた行動ではない、
それがこの騒動でホク子が学んだことだった。

弁護士への2回分の相談料、
2万1600円のモトは取ったようには思われた。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

南和行

みなみ・かずゆき●1976年大阪府生まれ。京都大学農学部、同大学院修士課程卒業後、大阪市立大学法科大学院にて法律を学ぶ。2009年弁護士登録(大阪弁護士会、現在まで)。2011年に同性パートナーの弁護士・吉田昌史と結婚式を挙げ、13年に同性愛者であることを公言する同性カップルの弁護士による弁護士事務所「なんもり法律事務所」を大阪・南森町に立ち上げる。一般の民事事件のほか、離婚・男女問題や無戸籍問題など家事事件を多く取り扱う。著書に『同性婚―私たち弁護士夫夫です』(祥伝社新書)、『僕たちのカラフルな毎日―弁護士夫夫の波瀾万丈奮闘記』(産業編集センター)がある。
大阪の下町で法律事務所を営む弁護士の男性カップルを追った、本人とパートナー出演のドキュメンタリー映画『愛と法』が話題。
・なんもり法律事務所
http://www.nanmori-law.jp/
・南和行のTwitter
https://twitter.com/minami_kazuyuki
・吉田昌史のTwitter
https://twitter.com/yossy_nan

週間ランキング 今読まれているホットな記事