よみタイ

鈴木涼美「○○○な女~オンナはそれを我慢している」

聞かない女〜男への平和的質問の手法なんてある? の話

モテ指数が高い、というより、目的遂行能力の高い女は、この聞きたい疑問と良識のバランスがよくとれている人のことをいうと思う。

これまでに聞いた一番スマートでキュートな詰問の成功例

大学一年生と言えば多くの人がそれまでのセックスをしてみたいっていうだけの恋愛に終止符を打ち、セックスを使って孤独を埋めるような恋愛をものすごい勢いで始める時期だけど、同じ学部で一番最初に仲良くなった女はまさに良識に邪魔されず、疑問を解決するプロだった。

彼女がちょっとイイナと思った一学年上の男と映画デートを一回、カラオケとご飯を一回して、ついに彼の自宅に泊まり、次の日にランチをして別れる間際、特に言葉にされていない何かがひとしおのクエスチョンマークを作ったわけだが、彼女はサンドイッチ屋さんでランチを終えて駅まで送ろうとする彼のジャケットの袖、それも二の腕に近い肘あたり、身頃に近い内側の絶妙なところを掴んで「ねえねえ」って声をかけて彼が目を合わせるか目を合わせないかくらいの角度でこちらを向いたときに「これってサ、つきあってんのかな」と聞いて、言い終わるか言い終わらないかくらいの絶妙なタイミングで目線を彼の目から手元あたりに一気に下すと、それまで特に言葉にはしない関係にしといてもいいかなくらいに適当に都合よく考えていた彼が何故かズキュンと心を決めて「つきあっちゃうか」と言った。

と、いう話が私が今まで聞いた「この関係ってなんなのよ」詰問の一番スマートでキュートな成功例

だけどそれは思い上がった凡人に易々と出来るわけもなく

当然、こんな才能は凡人にはない。

彼女の成し遂げた偉業はシンプルでわかりやすく、真似しやすいと踏んだ若かりし頃の僕、こと鈴木は絶対いいタイミングでこの技、自分のものにしてやるぜと意気込み、いよいよ使えそうな機会が巡ってきた時(こんな時期はそんな機会は死ぬほどくる。というか大体クエスチョンが浮かび上がる朝を迎える)、ここぞとばかりに「ネーネーこれって付き合ってんのかな」と、ほぼ完コピで彼女の技をなぞってみたものの、付け焼き刃で学んだ魔法を使いこなせる技量なんてないわけで、思い上がった凡人を待ち受けていたのは「そういうこととか俺気にしないけど、とりあえずお前といるの好きだよ」と、この世で一番残酷な返しであった。

それ以来、もともとない才能に怯えが加わって、一度も男の服を掴んで「ねえねえ」なんていう芸当はやれていない。

私ほど悲しい物語を重ねていなくとも、大体の女は「聞きたい」と「良識」の狭間で非常にバランスの悪いジャンプをしてしまう。

本件で互いに見下しあうのは、メンヘラ女と良識自意識過剰女

良識が欠けているメンヘラ気味の女は
「どーゆーつもりなの?」
「なんで手だしたの」
「なんで他の女とも繋がってんのあり得ない」
とかいって重いとかウザいとかいう感想を男から引き出すし、良識と自意識がやや過剰な女だと、あらゆる理性的な言い訳とともに「聞きたい」を散々溜め込みに溜め込んで、男が特に何も考えずに問題のない日々を過ごしている間に多大なストレスを抱える。

両者は基本的に見下しあっているので、良識型自意識過剰女は死んでも空気の読めないメンヘラ女のような重くてうざいことはするまい、なんて意気込んで不安や不満とともに歩むことを決意する。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

鈴木涼美

すずき・すずみ●1983年東京都生まれ。作家、社会学者。慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、東京大学大学院学際情報学府の修士課程修了。大学在学中にキャバクラ嬢として働くなど多彩な経験ののち、卒業後は2009年から日本経済新聞社に勤め、記者となるが、2014年に自主退職。女性、恋愛、世相に関するエッセイやコラムを多数執筆。
近著に『女がそんなことで喜ぶと思うなよ 愚男愚女愛憎世間今昔絵巻』など
公式Twitter @Suzumixxx

週間ランキング 今読まれているホットな記事