よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

わずか4席をめぐって予約日には争奪戦が! 銀座の路地裏に残された昭和焼肉の矜恃を伝える名店

ロースを食べ終わったら絶対にハラミしかない。

見た目は間違いなくハラミだが、ハラミらしくないほど柔らかな食感で、これは東京園ならではだ。
ハラミと言えば、肉汁が溢れ野趣あふれるものが好きだが、何故か東京園のハラミがやめられない。

これもロースと同じように、タレや白米との相性が抜群すぎるのだ。

ハラミとは思えないほど柔らかな食感と抜群すぎるタレとの相性でやみつきになる旨さ
ハラミとは思えないほど柔らかな食感と抜群すぎるタレとの相性でやみつきになる旨さ

もちろん東京園にもカルビはあるが、タレとの相性を考えるとロースやハラミの比重が重くなり、滅多にカルビは頼んでいない。

その代わり、ホルモンが苦手でなければミノはオーダー必須。
肉厚なミノを上手に焼き上げれば、ザクザクとした心地よい歯切れが味わえる。

ホルモン好きなら肉厚なミノも必食
ホルモン好きなら肉厚なミノも必食

令和だけでなく平成という時代からも忘れ去られたかのような、ノスタルジックな昭和焼肉。
いつまでも変わらず、令和の次の元号まで、銀座という街で栄えていて欲しい焼肉屋だ。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事