よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

和牛の最高峰が信じられない価格で! 原価完全無視・奇跡の肉料理

煮込みは優しい味わいで、これから訪れるメインの前に胃と気持ちを落ち着かせてくれる。
その後、遂に揚げ物の登場。

松阪牛と神戸ビーフのトマト煮込みの湯葉巻きをモッツアレラチーズと一緒にカツにした松神カツがそれ。

それまでの素材そのもの味を第一としたコースの流れで、突然現れるインパクトの強い味付けが、食欲を刺激しまくる。。

衣の中にはトマト煮込みの湯葉巻きとモッツアレラチーズが
衣の中にはトマト煮込みの湯葉巻きとモッツアレラチーズが

メインはもちろんステーキ。

松坂牛と神戸ビーフのそれぞれに対して、モモ系のランプ、イチボ、シンシン。

これらのお肉は炭火で焼かれるが、そこまで高温ではなく、炎があがることは少なく、じっくりと焼くことが出来る。
焼かれたステーキも断面がキレイに仕上がっている。

松阪牛と神戸ビーフの食べ比べになるが、もちろん個体によって味わいは違うので、毎回その感想は変わってくるだろう。

それがこういった食べ比べの醍醐味でもある。

今回の個体でいえば、焼く前は神戸ビーフよりもサシが強めに見えた松阪牛だが、食べてみるとどちらも脂の主張が強いわけではなく、しっかりと赤身の旨味を楽しむことが出来る。

繊維の食感から香りに至るまで、部位による違いも舌と鼻を楽しませてくれる。

断面の美しさに息をのむ松坂牛のランプ、イチボ、シンシン
断面の美しさに息をのむ松坂牛のランプ、イチボ、シンシン
赤身の旨味が見るからに食欲をそそる神戸ビーフ
赤身の旨味が見るからに食欲をそそる神戸ビーフ
1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事