よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

四季を感じる和牛料理、日本人の心に染み渡る肉割烹の世界

牛タルタル
牛タルタル

内モモを細かくカットし、ミモレットチーズやナッツ、ケッパーで味を調えている。
食感のアクセントやミモレットチーズの主張などが上手くまとまっていて、後を引く美味しさ。

日本料理の範疇ではないかもしれないが、素材の美味しさを見事に引き出している。

牛ヒレカツレツ
牛ヒレカツレツ

繊細な繊維質のヒレこそ最もビフカツに適した部位。

そんなヒレを丁寧に揚げることで、中心はほんのりと温かく、断面は美しいロゼ色に仕上げている。
何もつけずに食べれば、ヒレから漏れ広がる旨味と衣の味わいがこれ以上ない幸せを与えてくれる。

とは言いながらも、添えられたデミグラスソースをつけた時の美味しさも捨てがたい。

牛ワンタン
牛ワンタン

しっかりとコクのあるワンタンで食べ応えがある。

また、酢醤油を軽くつけることで、より牛肉の旨味が引き立つ。

リブ巻きの手巻き鮨
リブ巻きの手巻き鮨

叩いて細かくカットしたリブロースの巻きで手巻き鮨。

上質な鮪の中トロを彷彿させるリブロースの巻きは、甘みと旨味が見事に共存している。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事