よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

肉バカが伝授!インスタを駆使して隠れた名焼肉店を発掘する手法

例えば、肉バカが好きな人として『お腹いっぱい。(@onakaippai_yakiniku)』さんがいる。
この人は凄い。
食べログの順位とか、流行の焼肉には見向きもせずに、ひたすらに昭和感満載なハードコア焼肉を巡っている。
TL(タイムライン)に流れてくるお腹いっぱい。さんの写真を見ていると、インスタ映えのような華やかさはないが、自分の追い求める焼肉を徹底して追及しているのが分かる。

他にも『Sunao Ogawa(haramist_japan)』さんはオススメ。
Sunao Ogawaさんは、肉バカが所属する【牛肉研究所beef-lab.com】の所長を務めているスーパーマニア。
ということで、昔からずっと知っているのだが、とにかくヤバい。

東京だけでは飽き足らず、全国の焼肉屋という焼肉屋を巡っている。
もちろん東京もローラー作戦で昭和の雰囲気の醸し出している焼肉屋はほぼほぼ制覇しているのではないだろうか。
正直、一緒に焼肉を食べる時に、所長の知らないお店を見つけてくるのが過酷すぎる。

このような手法で気になる焼肉屋が何店舗か見つかるようになると、インスタグラムはここから更に加速する。
気になる焼肉屋を投稿している人が、他にどんな焼肉屋に行っているのか徹底的に洗い出す。
もちろん、お腹いっぱい。さんやSunao Ogawaさんのように、気になるお店を数多く投稿している人が少ないが、とにかく徹底的に見れば、たまに新しい気になる焼肉屋が見つかるようになる。

この、多くの情報を徹底的に見ていくときに、写真が主体のインスタグラムは比較的簡単にスピーディーに作業を進めることが出来る。

前回、食べログを使ったローラー作戦について説明したが、食べログには口コミや写真が数件しか投稿されていない、もしくは全く投稿されていない未開の焼肉屋が多数存在している。
東京に存在する焼肉樹海と呼んでもいいだろう。
そんなお店は美味しいわけない、と思ってしまうだろう。

たしかにそこまで美味しくないお店もあるだろうが、なかには知る人ぞ知る美味しい焼肉屋が絶対にあるのだ。

だからこそ、食べログでは情報が足りない焼肉屋については、インスタグラムで情報収集する。
面白いことに、食べログに口コミや写真が少なくても、インスタグラムには写真が何枚も投稿されている場合が多くある。
それは、食べログのレビュアーとインスタグラムという2つのツールのハードルの高さの違いではないだろうか。
やはりインスタグラムに写真を投稿するハードルは低い。
誰もが気楽に写真を投稿することで、まだ見ぬ焼肉屋に出会えるようになるかもしれない。

前回と今回で、肉バカが食べログとインスタグラムを併用して、どんな風に新しい焼肉屋を探索しているかが分かったと思う。

暇な肉バカと違ってそんな時間は無い、という方は引き続き本コラムを読んでいただければと思う。

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事