よみタイ

児玉雨子「江戸POP道中文字栗毛」
明治時代以降の文学と比べ、実際に読まれることの少ない江戸文芸。しかし、芭蕉の俳句や西鶴ら以外にも、豊饒な文学の世界が広がっています。
江戸時代の作品を愛読してきたJ-POP作詞家の児玉雨子さんが、現代カルチャーにも通じる江戸文芸の魅力を語る、全く新しい文学案内エッセイ。

前回は「敵討」について論じた児玉さん。
今回は江戸文芸に登場したアンドロギュノス(!)を取り上げます!

アンドロギュノスと心中──『比翌紋目黒色揚』と古代ギリシャ神話の、偶然

アンドロギュノスが異性愛者の原形?

イラスト/みやままひろ
イラスト/みやままひろ

「当時各人の姿は全然球体を呈して、背と脇腹とがその周囲にあった。それから四本の手とそれと同数の脚と、またまるい頸の上にはまったく同じ形の顔を二つ持っていた」――これは古代ギリシャの哲学者プラトンの著書『饗宴』で語られる「人間の原形」についての記述だ。この「原形」である球体の人間には男、女、男女おめの三種の性があり、特に男女は「両性具有アンドロギュノス」として知られている。両性具有というと、現代ポップアート(というより、エロ漫画や二次創作界隈)では一人の人間にオスとメスの二つの性器が備わっている、いわゆる「ふたなり」な表象が多いが、古代ギリシャではこのように考えられていたのだ。

 曰く、球体の人間たちは古代ギリシャの神々に果敢にも逆らう存在で、困ったゼウスをはじめとした神々は、球体の人間たちを二体に割いて弱体化させた。半身となった人間たちは、失ったかつての片割れを求め、全能であった姿に戻るため恋愛をするようになったという。それゆえ、球体の男と女は同性愛者、男女は異性愛者の原形であると考えられていた。 このように、『饗宴』は知識人たちの演説と対話という体裁で、エロース(恋愛)について語ったものだ。古代ギリシャにおける恋愛は、本来の姿に戻るためのプロセスという意味を持った。この本来の姿とは、プラトン哲学におけるイデアと換言できるだろう。

 江戸時代の文芸作品についての連載にもかかわらず、いきなり古代ギリシャのプラトン哲学を引用したのは、板坂則子さんの『江戸時代 恋愛事情――若衆の恋、町娘の恋』(朝日新聞出版 2017)で紹介されたある作品の絵が、『饗宴』の「人間の原形」を想起させたからだ。

板坂則子『江戸時代 恋愛事情』に掲載されている専修大学所蔵本
板坂則子『江戸時代 恋愛事情』に掲載されている専修大学所蔵本

アプリ「みを」を使ってくずし字を読む

 曲亭馬琴作、歌川豊国画の『比翌紋目黒色揚ひよくもんめぐろのいろあげ』(1815・文化12年)という読本らしい。これは気になる、さっそく本文を読んでみよう! と調べるが、なんとこの作品は翻刻されておらず、当時の本のデジタルデータしか出てこない。江戸時代の文芸作品が好きと言っておきながら、恥ずかしながら私はくずし字や変体仮名を読むことができない。

 そのため、今回は2021年8月にROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センターからリリースされた、AIくずし字認識アプリ「みを(miwo)」を使用しながら、適宜誤認識を補足しながら鑑賞した。 知りたい文字や文章部分をスマホのカメラで撮って読み込むと、緑色のゴシック体で判別した文字を表示してくれる。アプリ自体がリリースして間もなく、まだまだ読み取り機能に向上の余地があるとは感じる。絵巻や黄表紙とは違い、文字の多い読本では解読結果の文字が重なり合って潰れてしまったり、読み込み自体ができなかったりした箇所もあった。そういった穴は『くずし字解読辞典 普及版』(児玉幸多編、東京堂出版 1993年)を引きながら鑑賞した。

 新しいアプリではあるものの、くずし字は判読できないが古典文学はいくつか齧ってみたことがある、といった私のような人間には、これがあるのとないのとでは心的ハードルが格段に下がる。最初から辞典片手に、となったら、途中で投げ出していたに違いない。ちなみに、この「みを」を開発したのはタイ人のカラーヌワット・タリンさんだそうだ。すごい……! この場をお借りして心より御礼申し上げます。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
児玉雨子

こだま・あめこ
1993年神奈川県生まれ。作詞家、作家。明治大学大学院文学研究科修士課程修了。アイドル、声優、テレビアニメ主題歌やキャラクターソングを中心に幅広く作詞提供。著書に『誰にも奪われたくない/凸撃』(河出書房新社)。

Twitter @kodamameko

(写真:玉井美世子)

週間ランキング 今読まれているホットな記事