よみタイ

佐藤誠二朗「CITY BOYおじさん 湖畔でデュアルライフはじめました。」

デュアルライフはヨコシマな妄想を抱く不倫オヤジの隠れみのになるか?

かっこいいだけの外車はもう懲り懲り。デュアルライフでわかった車の本質的価値

思い起こせば僕は、大学に入学した年に最初の車を買いました。
親からは、「50万まで出してやるからそれで買える車を選ぶか、バイトして自力でお金を追加し、もっといい車を買うか好きにしろ」と言われました。
僕は今すぐに自分の車が欲しかったので、ちょうど50万円で売られていた中古のフォード(中身はマツダ製)・フェスティバを買い、学生時代に乗り倒しました。

運転は大好きですが、走りやメカに凝る車マニアではないので、車種にはそれほどこだわりません。
フェスティバの後は6台の車を乗り継いできましたが、どちらかというとデザインと雰囲気重視で、いつの頃からか外車に目がいくようになりました。
でもデュアルライフのスタートを機に、そうしたミーハー心を悔い改めます。

田舎暮らしを支えるためには、安定感と信頼性の高い車が欠かせないのです。
都会とは違い車がなければコンビニにも行けないし、公共交通網は脆弱です。
東京の暮らしでは、車はオプションのようなもの。本当はなくてもいいのに、趣味で乗っているに過ぎなかったのです。
そんなアクセサリー感覚だと、デザイン製の高い外車に走りがちですが、デュアルライフでは国産第一と思うようになりました。

妻も運転するから本当は車がもう一台あると便利。セカンドカーはスズキのジムニーか、なんだったらダイハツの軽トラがいいかなと思っています。
そして、もし次の買い換えタイミングが来たら、スバルのアウトバックかトヨタのハイラックスを狙います。
とにかく、あの150万円事件以来、外車は懲り懲りなのです。

いま乗っているスバル・XVのナビ子は、オネエの「イザベラ」です。
彼女は提案する渋滞回避ルートを選択してあげると、弾んだ声で「はい! 新ルートでご案内します!」と言います。
しかしその声の裏に潜む、「そうよ、方向音痴のあんたは私の言う通りにしてればいいの。バカね」というSっ気を感じてゾクリとすることがあります。

冬の間中、スタッドレスタイヤを履いておくのが基本。
冬の間中、スタッドレスタイヤを履いておくのが基本。

*本連載は隔週更新です。次回は1/20(水)公開予定。どうぞお楽しみに!

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

ツイッター@satoseijiro

週間ランキング 今読まれているホットな記事