よみタイ

MB「新潟出身の服バカが年商1億以上を稼ぐまで~ 小学生でもわかるMBのビジネス成功論」

世界をイージーモードにする方法〜心理的盲点の罠

「自分も多くの人に広めたいと思い、ブログを始めました!」

残念ながらこう書く人のほとんどが自分の欲求を綺麗な言葉で隠しています。
もちろん切り口が違う人もいるので一概に言い切ることはできませんが、私が見る限りほとんどの人が「ブログを書くだけで商売になるなら、それが良い」という欲求で物を書いています。

だから顧客に対しての意識が欠けているのです。

心理的盲点で大事なことを見過ごしてしまう

商売を始める時に最も見なければいけないところはどこですか?
それは「顧客」でしょう。

顧客が成長する、顧客が喜ぶ、顧客が満足する、ここに対して真摯であらねばなりません。
しかしながら上記の例で言うならば、「ついこの前ファッションを知った人がファッションを教える」など、誰が喜ぶでしょうか。
通常ビジネスをするうえでこんなことが起こるはずがないのです。
「たいして知らない人が教える」構造は、顧客の成長や顧客の満足を無視しているわけで……つまりこれは自分の欲求で動いているのですよ。だから結果が出ないのです。

誤解なきよう書いておきますが、私はこうした「MBさんみたいになりたい」と言う人を批判するつもりは全くありません。
ただ「自分の欲求を綺麗な言葉で隠しても意味がないよ」とは教えたい。
ビジネスは結局どうやっても「顧客」を見なければ成功しないのですよ。
そしてまた失敗するビジネスの多くが「顧客」を見ていないからという理由で説明が出来るのです。

また、「MBの真似をしてブログを始める人は、顧客を見ていないから失敗する」……これを実はもうちょっと違う角度で捉えると「正解主義」であるとも言えます。
「MBさんの通りにやるのが正解なのだろう」
「MBさんと同じようにするのが正しいのだろう」と、深く物事を考えずに公務員のごとく前例踏襲で同じことをやる「正解主義」に囚われているとも言えます。

しかしながらビジネスを客観的に考えれば上記の様なことは誰でも思いつくはず。
「半年前にファッションを知った人からおしゃれを教えてもらいたいと思うかな……?」と誰でも考えるに至るでしょう。
しかしこれが皆「見えない」のです。

盲目的に正解に頼ってしまう。
「スコトーマ(心理的盲点)」ですね。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラー他、漫画「服を着るならこんなふうに」、ライトノベル「魔王は服の着方がわからない」などの原作監修も含め、関連書籍は累計100万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、フリークスストア、アダムエロペ、ステュディオス、しまむら、紳士服のAOKIといった大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
公式サイトhttp://www.neqwsnet-japan.info/

Twitter https://twitter.com/MBKnowerMag

週間ランキング 今読まれているホットな記事