よみタイ

MB「新潟出身の服バカが年商1億以上を稼ぐまで~ 小学生でもわかるMBのビジネス成功論」
特別な技術や才能、学歴がなくても結果を出すことはできる……地方のショップスタッフからスタートし、今や年商1億以上をあげるまでにいたったMBの仕事術とは? 自身の経験から培った、結果を出すための「特別な思考と行動」について語るMB的ビジネス成功論。

同じブロガーでもなぜMBは年1億円以上も収益をあげられるのか?~目標設定についてもう一度復習してみよう

何をやっても鳴かず飛ばずで上手くいかない…
どんなに頑張っても人並み以上の結果が出せない…

その原因は「目標設定」にあるのかもしれませんよ。

あなたは仕事においてどんなことを「目標」としていますか?
どういう状態になればあなたの仕事は「達成できた」と言えますか?
胸に手を当てて考えてみてください。

…どうでしょう?
どんな内容が頭に浮かびましたか?

「毎月の予算を達成したい」
「会員数をこのくらい増やしたい」
「年収をこのくらいまで到達させたい」

皆さんそんな目標が頭に浮かんだのではないでしょうか。

しかしここにあなたの間違いが潜んでいる可能性があります。

「月10万円の収益を1年以内に」と宣言するブロガーは総じて成功しない

最近ツイッター上でブロガーさんやYoutuberさんなど、ネット上でお仕事をされている方達の発信をぼんやり見ていました。皆さん一様に…

「半年後に10万PVまで到達させたい!」
「会員登録数を今の倍まで増やしたい!」
「月10万円の収益を1年以内に構築する!」

など目標を宣言し自分を奮い立たせていました。
自分の目標をSNSで宣言するのが最近の流行りなのでしょうか?
多くの方が同じような投稿をされていました。

もちろんこうした数的目標で自分の達成度を図るのも良いでしょう。
しかしながら「半年後に10万PV 」と宣言している人はおそらく…いやほぼ間違いなく「半年後に10万PV」は達成できません。
「月10万円の収益を1年以内に」と言っている人はおそらく月5万円いけば良い方でしょう。

なぜそう言い切れるのか、それは本連載でも以前書いた「200点満点理論」があるからです。

「嫌なことでも目標達成する方法~MB的「200点満点理論」

「半年後に10万PV到達させたい!!」
そう目標を立てる人は大概その通りにいきません。

それは以前説明した通り、学校のテストで100点満点を取れる人がほぼいないのと同じ理由です。
人は目標設定したら、それをちょうどクリアできるくらいしか努力しないのです。
100点満点の試験があるとしたらそれに向けて「ちょうどぴったり100点取れるように」準備します。

しかし我々は機械ではなく人間ですから、体調やちょっとの気の緩みで簡単に崩れます。
この部分を勉強した日がたまたま眠かったから、テスト当日この部分だけたまたま集中力が落ちていたから、この部分だけちょっと気が乗らなかったから、そんな理由から簡単に誤差が生まれます。
するとしっかり100点満点を取る準備をしたつもりでも70~80点に落ち着いてします。

…しかし、では200点満点の準備をしたらどうでしょうか?
センター試験の英語科目のように、200点満点の準備をすれば人は簡単に140点くらい獲得することが出来ます。
最終的な目的や目標の置き所で、結果は向上させることが出来るのです。

「毎月の予算を達成したい」

目標設定や目的意識をこのように設定する方は大概達成できません。
なぜか。

それは上記の通り「200点満点理論」を考えれば明白です。
「毎月の予算達成」を100点満点のテストにおける「100点」だとしたら理解できるでしょう?
学生の頃、クラスの大半が100点を取れていなかったでしょう?
「100点」なんてよほどの天才以外、無理なんですよ。

だから「月10万円の収益を1年以内に」と宣言するブロガーさんはまずその目標を達成できません。
それを100点満点として認識している以上は、そうそう簡単には達成できないはずです。
学校のテストと同じですよ。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラー他、漫画「服を着るならこんなふうに」、ライトノベル「魔王は服の着方がわからない」などの原作監修も含め、関連書籍は累計100万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、フリークスストア、アダムエロペ、ステュディオス、しまむら、紳士服のAOKIといった大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
公式サイトhttp://www.neqwsnet-japan.info/

Twitter https://twitter.com/MBKnowerMag

週間ランキング 今読まれているホットな記事