よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」

行けば行くほどカスタマイズされる絶品中華の虜に! 〜新富町 湯浅

「蒸籠黒鯥」は神津島の黒ムツと野菜の蒸籠蒸し
「蒸籠黒鯥」は神津島の黒ムツと野菜の蒸籠蒸し

湯浅さんが大切にしていることのふたつ目は素材のポテンシャルは落とさないこと。
特にこだわっている食材が魚介類とフカヒレです。

魚介は働いていた市場の仲卸さんから、フカヒレは千葉・館山の天日干しのもので通常5種類を扱っています。
「香港に行った時も、やっぱりウチで仕入れているものの方が絶対においしいと思いました」とおっしゃるくらい。

蒸篭の蓋を開けるとカリッカリのパン粉とちょい辛大豆ソースがかかったその黒ムツとフカヒレ、そして彩りにブロッコリー、しめじ、紅芯大根、かぼちゃが入っていました。
まだ蒸篭は湯気が出るほどアッツアツ、なのに黒ムツはふわふわでしっとりの食感。しっかりとこだわりを堪能させていただきました。

漢方三元豚とシルクスイートの黒酢の酢豚「黒醋肉塊」
漢方三元豚とシルクスイートの黒酢の酢豚「黒醋肉塊」

スペシャリテは黒酢の酢豚。こんなでっかい酢豚、見たことあります?
ナイフとフォークはここで使うのか。

湯浅さんが炊いておいしいからと選んだ漢方三元豚はカリッと感を残しつつ、やわらかい。添えたシルクスイートがめちゃ甘くてしっとり。蜜を出すためにラップで包み1時間かけて蒸した、サツマイモの王様レベルです。

フワモチでほんのり甘みがあって黒酢にぴったり!
フワモチでほんのり甘みがあって黒酢にぴったり!

別格なのは黒酢、醤油、砂糖、紹興酒、ハチミツで作ったソース。
割としっかりめ、だけど酢がマイルドでたっぷりかけたくなる。

で、登場するのが「花巻」です。ヤバいです、1滴たりとも残したくないソースなので1個じゃ足りません。

湯浅さんのお料理ってちょっとクセになる。
“湯浅マニア”になりそう。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事