よみタイ

2025年に太陽フレアはピークを迎える!? 「宇宙天気」を知っていますか?【前編】

1日10分、毎日更新されるポッドキャスト「宇宙ばなし」が人気を呼び、注目を集める佐々木亮さん。

この連載では、独立行政法人理化学研究所、NASAの研究員として研究に携わった経験と、天文学分野で博士号を取得した知見を活かし、最新の宇宙トピックを「酒のつまみの話」になるくらい親しみやすく解説します。そして、宇宙と同じくらいお酒も愛する佐々木さんが、記事にあわせておすすめの一杯もピックアップ。

今回は地球の環境に大きな影響を及ぼし、世界的に注目が集まっている「宇宙天気」と太陽フレアについて。
場合によっては地上の災害と匹敵するくらいの損失をもたらすとされる宇宙天気。まず正しく知ることから始めましょう。

第7回「宇宙天気」のはなし

被害総額は数百億円!? 太陽フレアの脅威

私たちは太陽のおかげで生きています。ですが、その脅威にも常に晒されています。地球環境は太陽の活動によって今よりも過酷にもなり得るのです。これからの時代は、地上の災害だけでなく、宇宙からの災害の可能性にもいっそう注意をしていく必要があります。

太陽活動がもたらす宇宙環境の現象の変化を「宇宙天気」と呼びます。地上および地球付近の環境や、私たちの社会生活への影響が甚大であることから、今、世界中の国が宇宙天気に対して対策を進め始めているという背景を、まずは知っておきましょう。

とはいえ、今の日常生活の中では、あまり実感がわかない人も多いかもしれません。
宇宙天気はここ数年で注目度が上がっているものの、まだまだ理解が広がっていないように感じています。私はこの宇宙天気に関連性の高い研究をNASAや理化学研究所でしていたので、今回も専門家目線を交えつつどこよりもわかりやすく皆さんに宇宙天気について伝えていきたいと思います。

まずは宇宙天気において最も重要視される「太陽フレア」について。太陽フレアとは、星の表面で発生する爆発現象で、爆発によって電気を帯びた粒子や放射線を強く放ちます。これらが地球に衝突するようなことがあると、私たちの生活を脅かす被害を生み出します。この影響で実際に発生した過去の被害事例を紹介しましょう。
実際に起こった災害事例を知れば、もう宇宙天気に無関心ではいられなくなると思います。

右側の太陽の活動領域から太陽フレアが放出される様子。2016年の太陽フレアは中程度の電波障害を引き起こしたという。 写真提供/NASA
右側の太陽の活動領域から太陽フレアが放出される様子。2016年の太陽フレアは中程度の電波障害を引き起こしたという。 写真提供/NASA

まず最初に紹介する事例は、1989年のイベントです。太陽フレアによって、カナダのケベック州を中心に約600万人をも巻き込む大停電が引き起こされました。

太陽フレア発生から停電発生までを簡単に説明すると、太陽から放射された電気を帯びた粒子によって地球が持つ磁力に異常が発生し、この磁気の異常が地上の電線にも影響を与えた、という連鎖反応になります。
磁気の異常によって発生した大量の電流が電線に流れ、変圧器などにも悪影響を与えて、送電機能が機能しなくなりました。結果、多くの人を巻き込んだ、9時間にも及ぶ停電に発展しました。その時の被害総額は数10億円とも数100億円とも言われています。

ちなみに、この時に大量に発生した電流は、誘導電流と言って、中学校の理科の実験で磁石とコイルを使って流した電流の大規模なものです。意外に中学校の理科も宇宙現象の理解に役に立ちますね。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント
佐々木亮

ささき・りょう
理学博士。独立行政法人理化学研究所、NASAの研究員として研究に携わり、その経験と知見を生かし、ポッドキャスト「佐々木亮の宇宙ばなし」を毎日配信している。旬の宇宙トピックスを親しみやすく解説する内容で注目を集め、Apple Podcast日本ランキング3位を達成。第3回Japan Podcast Awardsも受賞する。現在はデータサイエンティスト、中央大学講師として活動している。
Spotify版「宇宙ばなし」
Apple Podcast版「宇宙ばなし」
X @_ryo_astro  

週間ランキング 今読まれているホットな記事