よみタイ

娘に会えない父の苦しみを描いた問題作! 野原広子さんの「今朝もあの子の夢を見た」が1位!「よみタイ」2022年人気「コミック連載」TOP5

【1位】元妻が子どもと会わせてくれない理由とは 第6話 ふたりの距離 / 「今朝もあの子の夢を見た」(野原広子)

今年もっとも読まれたコミック連載はこちら!

「今朝もあの子の夢を見た」は、『妻が口をきいてくれません』で手塚治虫文化賞「短編賞」を受賞した野原広子さんが、離婚後の家族を描く問題作。

主人公の山本タカシは、バツイチ、ひとり暮らし、スーパー勤務の42歳。コーヒーを淹れ、朝食をとり、洗濯をして仕事へ。
そんないつもと変わらない日々のなか、新しく職場に加わった女性スタッフの鈴木真美と親しくなり、タカシは彼女に、離婚後娘に会えていないことを打ち明けます。
なぜ妻と娘は急にいなくなってしまったのか、なぜ可愛がっていた娘に会うことすら許されないのか。
理由もわからず悩み続けてきたタカシですが、真美のサポートもあり、高校生となった娘・さくらと10年ぶりの再会が実現。
これを期に、離れ離れだった時間を取り戻すことを期待するタカシですが、卒業後の娘の行方は再びわからなくなってしまい……。

著者の野原さんが「正解を描いちゃいけない本だと思った」と語る通り、読む人の経験や立場によって見える景色が変わってくる本作。
2022年1月から10月の連載中も、最新話が更新されるたびに、SNSを中心に賛否両論さまざまな声が上がりました。
主人公のタカシが「娘は誘拐されたんだ、元妻に」と衝撃の告白をする「第6話 ふたりの距離」は、特に大きな反響を呼んだエピソードです。

11月25日に発売された単行本では、連載中には明かされなかった結末が書き下ろし収録されています。

* * *
以上、2022年人気「コミック連載」TOP5でした。

来年も「よみタイ」では多彩な「特集記事」「よみもの連載」「コミック連載」をお届けしてまいります!
最新の連載情報は、毎日更新中の公式ツイッター(@shu_yomitai)でお知らせしていますので、ぜひチェックしてください。

昨年の年間ランキングはこちら!
 ●特集記事「読書猿さんの『ハチミツとクローバー』評がSNSでも大反響! 2021年人気「特集記事」TOP5」特集記事
 ●よみもの連載「「スーパークレイジー君」の選挙ルポが第1位! 2021年人気「よみもの連載」TOP5

 ●コミック連載「『沼の中で不惑を迎えます。』の伝説回が年間トップに! 2021年人気「コミック連載」TOP5」
1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

週間ランキング 今読まれているホットな記事