よみタイ

田舎育ちのアラフォーが堂々とオタクを名乗れない複雑な事情とは? 4月の「コミック連載」TOP5

2020年4月1日から30日までの約1か月間「よみタイ」でよく読まれた「コミック連載」作品TOP5を発表します!
前回は、ふるかわしおりさんの「恋と友情のあいだで」 がトップに輝きました。
果たして今回のランキングはどのようなラインナップとなるでしょうか!?
各連載のあらすじや読みどころをご紹介します。

(構成・文/よみタイ編集部)

【5位】自分の躾に親の影を感じます/「実家が放してくれません」(まきりえこ)

家族、親族、家系、そして親。
断ち切りがたいその関係性がもたらすものとは……。
そんな「毒親」「家問題」に深く切り込むコミックエッセイ「実家が放してくれません」から、第16話(4月6日配信)が月間5位にランクイン。

ようやく毒母と決別したアサ。
ようやく毒母と決別したアサ。

振り回され傷つけられ続けてきた母と決別したアサ。
毅然とした態度をとって母との力関係が変わったことから、実は母がとても弱い人間であったのだと気づきます。

そんな中、思い入れの深かった家からも引っ越すことに……。

7月5日、書き下ろしを加えた単行本発売決定!
7月5日、書き下ろしを加えた単行本発売決定!

親子関係に悩む方々から大きな共感と反響が寄せられた本連載も、この回で最終回。
7月5日に書き下ろしを加えた単行本が発売予定です。
単行本では、アサを悩ませ続けた“毒母”の生い立ちが明かされます。
どうぞご期待ください!

・本編「自分の躾に親の影を感じます」
・「実家が放してくれません」連載一覧

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事