よみタイ

SNSでも話題の「絶品カレーレシピ」に、ママ友を失った「300円のアクササリー問題」など2020年人気「よみもの連載」ランキングTOP5

2020年1月1日から12月29日まで、約1年間「よみタイ」で配信された900を超える記事の中から、よく読まれた「特集記事」「よみもの連載」「コミック連載」の各TOP5を昨日より3日連続で発表中!

2日目は「よみもの連載」の年間ランキングです。

「特集記事」の年間ランキングはこちら!
(構成・文/よみタイ編集部)

【5位】川村エミコが経験した、大人の歯列矯正/「わたしもかわいく生まれたかったな」(川村エミコ)

まずは、川村エミコさんの連載「わたしもかわいく生まれたかったな」第6話が5位に登場。
矯正器具を着けて5年と10ヶ月、虫歯の治療とリテーナーで1年2ヶ月。トータル7年掛かりの、川村さんと歯並びとの戦いを綴ったエピソードです。

本連載は、22回(9月9日配信)をもって惜しまれつつ終了しましたが、連載を1冊にまとめた単行本が好評発売中!
単行本には、川村さん秘蔵のこけし写真や描きおろしイラスト、幼少期からのアルバムページなども収録されています。
連載以上の“エミコワールド”をご堪能ください!

【4位】私は平日だけの母親なのか/「離婚さんいらっしゃい」(南和行)

現役弁護士・南和行さんによるセミノンフィクション「離婚さんいらっしゃい」から「私は平日だけの母親なのか」(1月11日配信)が4位にランクイン。

自身の不倫が原因で夫と別居中の「ゼル子」が、夫から離婚と同時に長男の親権も要求されて思い悩む……というエピソードでした。

ゼル子が親権について弁護士に相談する場面は、やりとりが詳細で、現役弁護士による本作ならでは。
「親権者」と「監護権者」の違いや、親権争いになった場合の調停の進み方など、社会勉強にもなります。

南和行さんが弁護士の視点から話題の夫婦コミックを解説する特集記事「もし『妻が口をきいてくれません』夫妻が離婚を望んだら? 弁護士・南和行さんがアドバイス」も好評公開中です。

(画像/Shutterstock)
(画像/Shutterstock)
1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事