よみタイ

川村エミコ「わたしもかわいく生まれたかったな」

昭和の小学生も忙しかった! 一週間の習い事

 みんながライバルだったので、みんなで一緒に頑張ろう、ではなく、一人一人が自立する事が出来ました。意外と冷たい!と大人になり言われる事があるのですが、冷たいのでは無く、「それはそれ!」の考え方でして。

「私の周りで起こる全ての事は全て自己責任」の考え方もこの時に生まれたかと思います。人は人、自分は自分です。
 そのせいか、自分が出来ることをしない人が許せなかったりします。
 大好きなSさんの結婚式。ある方と司会をさせていただく事になったのですが、そのある方が全くやるべき事をやって来なかったのです。私はいまだにそれが許せないのですが、そういう人を軽蔑してしまうので、人を許せる心を持とう、そして自分もそういうことをしないようにしよう、気をつけなきゃなぁとは思います。
 少し話が逸れました。

 火曜日。公文式。
「くもんしき」。音が好きでした。
 クラスの子のほとんどが「そろばん」もしくは「公文式」に通ってまして、私は公文式を選んだ次第です。公文式は自分から行きたいと思った習い事です。
 木造の大きい建物の二階に低い長テーブルがたくさん並べてあって、長テーブルに各2人。人数が多い時は3人。ひたすらに計算をしたり、ひたすらに漢字を覚えたり、何百枚という問題のペーパーを兎にも角にも解いていく。
 分かりやすくノルマをこなしていくのがとても楽しかったのを覚えています。
 何でも楽しんだ方が良いね!という事を学びました。あと学んだのは、半分まで問題を解いた時、「もう半分も来た!」と思った時は得意なプリント、「あーまだ半分もあるじゃない、うんざりじゃない」と思った時は不得意なプリント、と自分バロメーターを覚えました。

 水曜日。ピアノ。鶴見駅前のヤマハ音楽教室でした。バスに乗り、ピアノ教室へ母と一緒に通っておりました。
 とにかく下手で自分の指が全く思い通りにならないので、私の指をほかに操っている人がいるに違いないと思っていたのですが、先生にはそんな事は通じず、「なんで練習して来ないの?」と質問されました。その度、俯いておりました。

 ピアノの帰りにお母さん同士が仲良いということもあり、Yちゃんというおしとやかな髪の長い女の子とミスタードーナツに寄るのが毎週の楽しみでした。フレンチクルーラーと、ポップホップみたいな名前の小さいドーナツが6個だか付いているのをいつも頼んでいました。あと、お母さんがオールドファッションとヨーグルトクリームというのが大好きで、一口貰ったりしてるうちに私もヨーグルトクリームが大好きになりました。
 そこに地獄が待っていました。

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

川村エミコ

かわむら・えみこ●1979年神奈川県生まれ。お笑いコンビ『たんぽぽ』のボケ担当。主な出演作品に日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』、フジテレビ『めちゃ2イケてるッ!』、東海テレビ『スイッチ!』など。
オフィシャルブログ→https://ameblo.jp/sienne04
Twitter→https://twitter.com/kawamura_emiko
YouTubeおかっぱちゃんねる川村エミコ公式動画館→https://www.youtube.com/channel/UCGkqb7PyCVGojtVkAOL58Bg

週間ランキング 今読まれているホットな記事