よみタイ

南和行「離婚さんいらっしゃい」

家族を守るためです。私はカルトじゃありません!

学校給食を止めないと言った夫

夫が早い時間に帰ってきたある日、
マテ子は夫に、

「お昼は学校の給食ではなく、
 私が作る弁当にできないか?」

と聞いた。

カフェで、学校給食は、
食品の流通経路が偽装されており、
食の危険の温床となっていると教えられていたからだ。

マテ子的には、
家の食事は、ずいぶん改善できていたが、
小学校教諭をしている夫の昼食は学校給食で、
マテ子が手を出そうにも改善できないところだった。

夫は「できない」と言った。

マテ子がカフェで教えてもらった給食の危険性を、
夫に説明した。

とある小学校では、
給食調理室の換気扇だけはいつもピカピカになっているという話。

それは給食の食品に含まれる化学物質が、
油汚れが換気扇に付着しないほど強力だからだということ。

また別の小学校では、
校庭の隅から廃棄された3年前の給食用のハンバーグが、
パックのままで掘り出されたという話。

それは給食用のハンバーグの肉が、
そもそも本当の肉ではなく化学的に合成されたタンパク質だから、
隠蔽するために廃棄され、しかも腐らないということ。

本当のことを言えば、
夫にはもう危険きわまりない学校という職場を、
離れて欲しいというほどの思いだった。

マテ子はそれまで夫が学校で給食を食べることを、
ずっと我慢していたのだ。

マテ子は、カフェで教わった実例を夫に説明した。

わからないはずがない。

これだけ証拠がある話なのだから、
夫もわかってくれるはずだ。

ところが夫は、マテ子の話をまったく理解しなかった。

「もうそのカフェの話や食の安全の話は聞きたくないよ」

「そろそろ、また保育士の仕事を始めてもいいかもしれない」

「長女を保育園に入れやすいように、
 思い切って別の市に引っ越してもいいから」

というのが夫のマテ子への答えだった。

食事のあとマテ子は、夫のカバンから、
チェーン店の牛丼屋のレシートを見つけた。

家の食事は、カフェのファームから購入する鶏肉と、
同じファームから購入するオーガニックの野菜が、
中心になっている。
夫は今日も「おいしい」と笑顔だった。

しかし夫の給料の中からのやりくりでは
スーパーマーケットの食材に頼らざるを得ないときもある。
完璧に食事を変えられていないことに焦りすら感じていた。

マテ子は、食事の改善は、
夫も受け容れてくれていると思っていた。

それは夫の「おいしい」という笑顔を信じていたから。

長女を守るために

学校給食を止めることを拒否されて、
それだけで落ち着かないマテ子は、
牛丼屋のレシートを見つけて、
もう夫のことを信用できないと思った。

夫はマテ子の提供する安全な食事を、
作り笑顔で「おいしい」と言っていたのだ。
夫にはマテ子に背中を向ければ舌を出して、
牛丼を食べるような、二面性があったのだ。

今日、夫は、たまたま早く帰ることができたからと、
今、長女と一緒に風呂に入っている。

風呂から上がってきたら夫に、
牛丼のことを問うしかない。

正直に、牛丼を食べることの危険性を認めてくれるなら、
マテ子はまだ夫を信じることができる。

「お風呂あがったら髪の毛、乾かしましょうねー」

脱衣所から夫の声とドライヤーのモーター音がした。

もしや……!?

マテ子は
脱衣所に駆け込んだ。

そしてマテ子は脱衣所の光景に顔から血の気が引いた。

夫はあろうことかドライヤーの風を直接に、
長女の髪の毛に吹き付けていたのだ。

これは牛丼どころの騒ぎではない。

「ちょっと何してるのよ!」

マテ子は半狂乱になって夫からドライヤーを取り上げた。

「ダメなの!ドライヤーが電磁波とかいちばん危険なの。
 ドライヤーのせいで癌になったり血液が循環しにくくなったりするの」

マテ子は、夫を突き飛ばして、
長女を抱きかかえた。

長女を守らないといけない。

マテ子は慌てて、カフェで購入したオーガニックコットンのタオルを、
長女のぬれた髪の毛にかぶせて、
タオル越しに斜めからドライヤーの風を吹きかけた。

ふわりふわりとなる程度に。

「このコットンは、電磁波を弱める織り方になっていて、
 オーガニックタマネギの染料を使っているから、
 ドライヤーを使うときはこうしなきゃいけないの!」

「髪の毛に付着した化学物質が、
 電磁波の振動で、子供の柔らかい頭皮から、
 脳を汚染するのよ!」

マテ子は、夫を睨みつけた。
夫は長女を危険にさらしている。

夫は自分はずぶ濡れの髪の毛のまま、
あっけにとられた顔でマテ子をただ見ていた。

その次の土曜日、マテ子が一人でカフェにランチに行った。

マテ子が帰ってくると、
置き手紙と共に夫が子供を連れて家を出ていっていた。

1 2 3 4 5 6

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

南和行

みなみ・かずゆき●1976年大阪府生まれ。京都大学農学部、同大学院修士課程卒業後、大阪市立大学法科大学院にて法律を学ぶ。2009年弁護士登録(大阪弁護士会、現在まで)。2011年に同性パートナーの弁護士・吉田昌史と結婚式を挙げ、13年に同性愛者であることを公言する同性カップルの弁護士による弁護士事務所「なんもり法律事務所」を大阪・南森町に立ち上げる。一般の民事事件のほか、離婚・男女問題や無戸籍問題など家事事件を多く取り扱う。著書に『同性婚―私たち弁護士夫夫です』(祥伝社新書)、『僕たちのカラフルな毎日―弁護士夫夫の波瀾万丈奮闘記』(産業編集センター)がある。
大阪の下町で法律事務所を営む弁護士の男性カップルを追った、本人とパートナー出演のドキュメンタリー映画『愛と法』が話題。
・なんもり法律事務所
http://www.nanmori-law.jp/
・南和行のTwitter
https://twitter.com/minami_kazuyuki
・吉田昌史のTwitter
https://twitter.com/yossy_nan

週間ランキング 今読まれているホットな記事