よみタイ

南和行「離婚さんいらっしゃい」

家族を守るためです。私はカルトじゃありません!

カフェで教わったこと

マテ子は、あるとき、
家族の肌着を全部、捨てた。

大手量販店の衣類は、
色づけの染料に石油系化学物質が入っているだけでなく、
「綿100%」となっていても、
そこには本物の綿以外も交じっていると聞いたからだ。

カフェがファームから仕入れているオーガニックコットンの肌着を、
夫のもの、マテ子のもの、そして長女のものと、
全て買い直した。

粗いざらざらした質感が、
子供の肌本来の抵抗力を強めるのに良いと、
カフェで教えてもらった。

夫が「前の肌着のほうが良かった」と言ったから、
マテ子はオーガニックコットンの良さと、
そして量販店の肌着の危険性を説明した。

それでも夫は「次に買うときは自分で買うから」と言った。

夫はなにもわかっていないと、
マテ子は初めて反発心を覚えた。

カフェでは、タンパク質はできるだけ鶏肉から摂るようにと教わった。

というのは豚肉も牛肉も、
大型の動物は飼料の管理が難しく、
何かしら危険な化学物質や遺伝子組み換えが、
肉の中に形を変えて入り込んでいるが、
鶏ならば飼料の管理がファームで徹底されており、
安全性が確認できるからだった。

そして魚は残念ながら食べることはできないと言われた。
今の海の様々な汚染の深刻さは、国際会議でも確認されており、
地球上、どこの海の魚であっても、
それを口に入れることは自殺行為だと。

マテ子が「ええっ!」とその話を聞いて驚くと、
カフェのみんなは
「でも大丈夫よ」
「マテ子さん、心配しないで」
「だから私たちこうやって、安全な食を提供しているの」
と笑顔で励ましてくれた。

そのときカフェでのみんなの笑顔は、
マテ子にとって羨ましい笑顔だった。

自分たちの力で安全な食を提供しているという自信なのか、
心からの安心に身を置いていることが伝わる笑顔だった。

マテ子は、自分が昔、笑顔がトレードマークと言われていたとき、
きっと同じような笑顔をしていたはずだ。

マテ子はそのとき、「信じてみよう」と思った。

マテ子は科学的な話は難しくてわからないけれど、
食べるものなのだから、できる限り生の自然に近いものがいいのだろう。

お金で無理がなければ、家族のためなのだから、
「信じて」違っていても損はないだろう。

「私も、このカフェのファームの野菜や食材、試してみますね。
 夫は真面目に働き過ぎるから健康も心配だし、
 長女のことも心配なので」

マテ子が言うと、カフェのみんなは、
「そうよ。マテ子さんが、家族を守らなきゃ」
と言ってくれた。

マテ子は自分が夫と長女を守ると思うと、
自然と笑顔になれた。

マテ子は、牛乳など乳製品、そして根菜と鶏肉は、
カフェで販売しているファームの物しか使わないようにし始めた。

塩と米とオリーブオイルも、ファーム経由で、
世界から届く信頼できる物だけしか使わないようにし始めた。

でも今の生活で全部の危険を取り除くことは難しかったから、
平日の昼間にカフェで不定期開催される勉強会で、
今の生活から危険を除去する方法を勉強した。

知らないことだらけだった。

危険は食だけでなく、電気、電磁波、それに水道水にも潜んでいた。

そしてカフェの勉強会で教わった。
悲しいことだったけど、二人目の子の流産は、
おそらく食と電磁波のせいだということだった。

マテ子が何気なく食べていたもの、
使っていた家電製品、
マテ子も夫もそして長女も「たまたま耐性があった」だけで、
流産してしまった二人目の子は、
当たり前のように化学と電磁波の危険に侵された。

マテ子がもっとそれに早く気付いていれば、
マテ子は亡くなった小さな命にも、
夫にも長女にも、申し訳ない気持ちになった。

家族の中でのマテ子の役割は笑顔だけではなくなった。
家族を危険から守るのがマテ子の役割、使命となった。

1 2 3 4 5 6

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

南和行

みなみ・かずゆき●1976年大阪府生まれ。京都大学農学部、同大学院修士課程卒業後、大阪市立大学法科大学院にて法律を学ぶ。2009年弁護士登録(大阪弁護士会、現在まで)。2011年に同性パートナーの弁護士・吉田昌史と結婚式を挙げ、13年に同性愛者であることを公言する同性カップルの弁護士による弁護士事務所「なんもり法律事務所」を大阪・南森町に立ち上げる。一般の民事事件のほか、離婚・男女問題や無戸籍問題など家事事件を多く取り扱う。著書に『同性婚―私たち弁護士夫夫です』(祥伝社新書)、『僕たちのカラフルな毎日―弁護士夫夫の波瀾万丈奮闘記』(産業編集センター)がある。
大阪の下町で法律事務所を営む弁護士の男性カップルを追った、本人とパートナー出演のドキュメンタリー映画『愛と法』が話題。
・なんもり法律事務所
http://www.nanmori-law.jp/
・南和行のTwitter
https://twitter.com/minami_kazuyuki
・吉田昌史のTwitter
https://twitter.com/yossy_nan

週間ランキング 今読まれているホットな記事