よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

来栖けい氏が『焼肉』というジャンルを追求した結果たどり着いたひとつの頂点

この日最も衝撃的だったのが三角バラ。

あまりの霜降りに最近の焼肉屋では敬遠されがちな部位だが、いぶさな牛の三角バラは全く違う。
溶けるような状態ではなく、しっかり噛み締められるのだが、とにかく脂の甘みが秀逸で、何枚でも食べたくて仕方なくなる。

衝撃的な旨さの三角バラ。何枚でも食べたい
衝撃的な旨さの三角バラ。何枚でも食べたい

ステークアッシュも絶対に外せない。
一切繋ぎを使わない純度の高さが舌からダイレクトに響く。
また、たっぷりとからめるタレとの相性も抜群すぎる。

外してはいけないステークアッシュ
外してはいけないステークアッシュ

他にも部位それぞれの良さを楽しめるコースは続く。

店主の哲学ともいうべきこだわり、世界観に身を任せる心地良さ。
既存の焼肉屋とは一線を画す独創性にはリスペクトの気持ちしか沸かない。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事