よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

肉といえば焼肉だけにあらず! 和牛の真髄を味わえる世界がここに

メインはやはりステーキ。

しかも分厚いサーロイン。
断面を見れば火入れの素晴らしさが分かるが、このサーロインを1口食べると、普段食べているサーロインとは全くの別物であることが分かる。

サシにクドさがなく、日本料理のコースの中にあって、イヤな重たさを一切残さない。
それどころか、噛むほどに膨らんでいく旨味が、その牛がどれほど愛情を持って育てられたか教えてくれる。

わざわざ店主が牧場まで見に行っている意味が感じられる。

素材も調理も最高のサーロイン
素材も調理も最高のサーロイン

〆の松茸ご飯からデザートのハトムギのアイスに至るまで、全てがハイクオリティ。

お肉を最も美味しく食べられるバランスの答えの1つが常にはあるように感じる。

ぜひ今回紹介したような秋のコースを楽しむのはもちろん、季節ごとに移り変わる食材とコースも堪能していきたい。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事