よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」
年間200食もの牛肉を食べるという、名実ともに肉バカ、小池克臣が日々蓄えてきた肉への愛、知識、体験……そのすべてを注ぎ込む究極の肉コラムがここに。肉好きはもちろん、そうでなくても知っておくべき肉のあれこれが満載!

肉バカがたどり着いた究極の焼肉「会長コース」とはいったい何なのか?(前編)

昔は自分が楽しむためだけに焼き歩いていたが、最近は人を楽しませるために焼くこともある。

和牛の美味しさ、焼肉の楽しさをもっと知ってもらうことで、今よりさらに和牛業界や焼肉業界が活気づけば、巡り巡って自分が食べたいような美味しい和牛や焼肉が増えるはず。

つまり、結局は自分のためということなのだが。

焼きに焼きまくってたどり着いた和牛の極みこそ「会長コース」だ

さて、そんなわけで他の人に和牛の素晴らしさを知ってもらいたい時、テッパンのコースが肉バカには存在する。

それこそが「会長コース」と呼ばれる極みだ。

Instagramで焼肉関連をリサーチしてる方なら目にしたことがあるかもしれない。
見たことがない方はぜひInstagram内で、#会長コース、でどうぞ検索を。

肉バカが焼きまくって最終的にたどり着いた和牛の高みをぜひ多くの方に知ってほしいので、改めて「会長コース」の全容をここで紹介させていただく。

そもそも「会長コース」とは……

肉バカはある友人グループの中で「会長」と呼ばれている。

特に立場的に優位というわけではなく、次回の焼肉屋の予約をしたりする雑用係に対して、最大限の配慮だと個人的には理解している。

この会長である肉バカがその日に食べたいカット、食べたい味付け、自らが最高だと思う焼き方、美味しいと思う食べ方を共有するのが「会長コース」である。

だからこそ「会長コース」を食べる方への諸注意として、これだけは約束してもらっている。

①手出し無用

焼くのは会長である肉バカのみ。自分で焼きたいなら別のテーブルで食べればいいだけ。

②口出し無用

レアやウェルダンなど、火入れの好みはあるかもしれないが、「会長コース」を食べるのであれば、会長が美味しいと思う火入れを受け入れるべし。

それがイヤなら別のテーブルで食べればいいだけ。

③感想は「美味しい」だけ

肉バカは意外に繊細で、褒められて伸びるタイプ。
マイナスのコメントは肉バカのいない時にこっそりとしてほしい。

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事