よみタイ

廣津留すみれ「米国生活で磨いた ネイティブがよく使う英会話フレーズ100」

ハーバードで習得したポジティブニュースの伝え方 第5回 Guess what!

今日のフレーズ Guess what!

イラスト:伊藤ハムスター
イラスト:伊藤ハムスター

相手を良いニュースで盛り上げたいときは、“Guess what!” が一番気楽に使えるフレーズ。「ねえ、当ててみて!」みたいなニュアンスなので、うきうきしている様子が100% 伝わります。また、”I gotta tell you something!”もニュースの大事さがわかりやすくて良いかも。”You are not going to believe this!” は、「信じられないと思うけど…」と驚きとともに伝えます。吉報は言うのも聞くのも嬉しいもの。伝えた相手の反応を想像しながら、自分のテンションにベストなものを選んでみてくださいね。

“Guess what! ______. ”

ねえ、何だと思う?

“Hey, I gotta tell you something!”

あのさ、報告したいことがあるんだよね!

“Got a minute?* I have something important to tell you.”

ちょっと時間ある?大切な報告があるの。
*Have you got a minute? の省略形(省略形:英会話の際、文を簡略化するために数語を省略して1語として発音することがあります)

“You are not going to believe this! ”

これ聞いて驚かないでね……!

“Great news! ________. “

聞いて、すっごく良いニュース。

並みならぬ努力の結果を、友人たちと喜び合えるとても幸せな瞬間は、私の人生の宝物です。
彼らのグッドニュースが、私も彼らに負けないようにがんばろうと背中を押してくれるのです。

次回は「約束するよ」「私に任せて」などを取り上げます。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

廣津留すみれ

ヴァイオリニスト。大分市出身。12歳で九州交響楽団と共演、高校在学中にNY・カーネギーホールにてソロデビュー。ハーバード大学(学士課程)卒業、ジュリアード音楽院(修士課程)修了。ニューヨークで音楽コンサルティング会社を起業。現在は成蹊大学客員講師、国際教養大学特任准教授のほか、「羽鳥慎一モーニングショー」のコメンテーターも務める。

著書に『ハーバード・ジュリアードを 首席卒業した私の 「超・独学術」』『私がハーバードで学んだ世界最高の「考える力」』『ハーバード・ジュリアードを首席卒業した私が見てきた新・世界の常識 複雑化する時代を生き抜く54の思考と言動』。2月にはデビューCDをリリース。

公式サイト https://sumirehirotsuru.com/
インスタグラム @sumire_vln

週間ランキング 今読まれているホットな記事