よみタイ

廣津留すみれ「米国生活で磨いた ネイティブがよく使う英会話フレーズ100」

友人の朗報に心を込めた祝福を 第2回 Congratulations!

今日のフレーズ Congratulations!

イラスト:伊藤ハムスター
イラスト:伊藤ハムスター

研究の成果や仕事での昇進など何かを成し遂げた相手への祝福のシーンでどんな時にも使えるセリフは、皆さんご存知Congratulations! です。SNSでも使えるカジュアルな省略形だとCongrats! となりますが、どちらにせよ複数形でしか使わないので最後の”s”を忘れずに。

そこにカジュアルに付け加えるなら、”That’s amazing!”(すごいね!)”You are killing it!” (完璧じゃん!)”You nailed it!” (決めたね!) などがおすすめ。”Kill it”は口語で完璧にこなすこと、”Nail it”は、釘を打つことから派生して、「肝心なところでバシッと決める」という意味として使います。サッカーでゴールを決めたとき、オーディションで演技を完璧に披露したとき、就職面接で狙ってたポジションを勝ち取ったときなどのニュアンス。そして、自分がその人のニュースでどれだけ嬉しいかを伝えるには “I am so happy for you!”(自分のことのように嬉しいよ!)や “I am so proud of you.”(誇りに思います)がベスト。「誇りに思う」は日本語だと少し大袈裟に聞こえますが、英語では(目上の方には使えませんが)友人相手でも尊敬を込めてよく使う言葉です。

“That’s amazing!”

“You are killing it!”

“You nailed it!”

“I am so happy for you!”

“I am so proud of you.”

お祝いや季節のグリーティングカードは、SNSが普及した今も残る文化です。
たとえお祝いをSNSやメールで送るとしても、こなれた英語フレーズはグリーティングカードで有名なホールマークのサイトを参考にすると良いかも。

心からの祝福を伝えたいときは、自分の言葉で伝えるのが一番。思うままにお祝いの言葉をかけてあげましょう!

次回は「あ、聞き取れなかった!」を解決する一言を紹介します。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

廣津留すみれ

ヴァイオリニスト。大分市出身。12歳で九州交響楽団と共演、高校在学中にNY・カーネギーホールにてソロデビュー。ハーバード大学(学士課程)卒業、ジュリアード音楽院(修士課程)修了。ニューヨークで音楽コンサルティング会社を起業。現在は成蹊大学客員講師、国際教養大学特任准教授のほか、「羽鳥慎一モーニングショー」のコメンテーターも務める。

著書に『ハーバード・ジュリアードを 首席卒業した私の 「超・独学術」』『私がハーバードで学んだ世界最高の「考える力」』『ハーバード・ジュリアードを首席卒業した私が見てきた新・世界の常識 複雑化する時代を生き抜く54の思考と言動』。2月にはデビューCDをリリース。

公式サイト https://sumirehirotsuru.com/
インスタグラム @sumire_vln

週間ランキング 今読まれているホットな記事