よみタイ

廣津留すみれ「米国生活で磨いた ネイティブがよく使う英会話フレーズ100」
ヴァイオリニストとして活躍しながら、ニューヨークで音楽コンサルティング会社を起業した廣津留すみれさん。
ハーバード大学卒業、ジュリアード音楽院修了という華々しい経歴ながらも、渡米したてのころは、非ネイティブとして英語で苦戦したそうです。
そんな廣津留さんが、アメリカでの暮らしで学んだ実践的な英会話フレーズを紹介。
「これってネイティブスピーカーはなんて言うの?」を、噛み砕いて説明します。

友人の朗報に心を込めた祝福を 第2回 Congratulations!

海外の友達から嬉しいニュースが飛び込んできたとき。心からおめでとう!と祝いたいけど、Congratulationsしか出てこない。もっと気が利く返し方が知りたい!そんな経験、ありませんか?

――

米国大学時代は、同じキャンパスに色々な分野を学ぶ仲間たちがいました。宇宙物理学、数学、英米文学、言語学、政治学、さらには課外活動でもフェンシング、ハープ、コメディ、アカペラ、映画作り……など本当に多種多様な専門分野・特技を持つ友達に囲まれていました。

彼らのそれぞれの分野について詳しいことは分からなかったけれども、食堂や図書館に集まって勉強しながら各分野のトレンドを聞いたり、今何を研究しているのか熱弁する友達を見たりするのは私にとって大好きな時間でした。

そんな中でも、やっぱり嬉しいのは友達に良いニュースが舞い込んだ時。「科学雑誌に論文が載った!」とか「大会で優勝した!」というニュースは、日頃の頑張っている姿を見ているだけに、聞いているこちらがすごく嬉しくなるのです。

そこで重要なのが、祝福のセリフです。Congratulations! だけでももちろん十分気持ちは伝わりますが、言い方を変えたり言葉を付け足したりと工夫するだけで、すぐにこなれた感じに。友人のお祝いに実践してみてください。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

廣津留すみれ

ヴァイオリニスト。大分市出身。12歳で九州交響楽団と共演、高校在学中にNY・カーネギーホールにてソロデビュー。ハーバード大学(学士課程)卒業、ジュリアード音楽院(修士課程)修了。ニューヨークで音楽コンサルティング会社を起業。現在は成蹊大学客員講師、国際教養大学特任准教授のほか、「羽鳥慎一モーニングショー」のコメンテーターも務める。

著書に『ハーバード・ジュリアードを 首席卒業した私の 「超・独学術」』『私がハーバードで学んだ世界最高の「考える力」』『ハーバード・ジュリアードを首席卒業した私が見てきた新・世界の常識 複雑化する時代を生き抜く54の思考と言動』。2月にはデビューCDをリリース。

公式サイト https://sumirehirotsuru.com/
インスタグラム @sumire_vln

週間ランキング 今読まれているホットな記事