よみタイ

群ようこ「今日は、これをしました」
物を減らす、無駄なことはしない、必要以上に買わない。
「しない。」生活のなかだからこそ、手に入れるもの、するべきことは
試行錯誤を繰り返し、日々吟味している群ようこ氏。
そんな著者の「しました、食べました、読みました、聴きました、着ました」
など、日常で「したこと」をめぐるエッセイです。


よみタイ好評連載の『いかがなものか』好評発売中!
書籍情報はこちらから!

テレビのある生活に戻る

今日は、これをしました 第22回

 前回、まだ映るからと、新居に持ってきた古いテレビの話を書いたが、とうとう壊れた。それも壊れた当日の朝、「0655」、「きょうのわんこ」を観終わり、パソコンを立ち上げるのでとりあえず消して、昼に再度スイッチを入れたら映らなくなっていた。プラグやB-CASカードを入れ直したり、何度も再起動を試みたが、いつまでたっても、画像は映らなかった。そして夕方また試してみても同じだったので、購入して十年以上がたち、寿命が来たのがわかったのである。
 昔のブラウン管のテレビは、映りが悪くなっても、叩いたり揺すったりすると、直ったものだが、液晶テレビではそうはいかなかった。このテレビが壊れたら、新たに購入する気持ちはなかったので、もうおつとめは終わりという意味で、手近にあった布をかけてテレビを覆った。部屋の中がすっきりしたように思えた。
 ふだんは仕事をしながらラジオを聴いているので、一日のうちでテレビを観る時間は多くはないのだけれど、私のこれまでの人生で、テレビがなかったときがなく、壊れたのはわかっているはずなのに、習慣でリモコンのスイッチを入れようとする。そして、
「あ、もうテレビは観られないのだ」
 と気づくのを、三、四日、続けていた。楽しみにしている番組はやはり観たいので、インターネットで調べてみると、すべてではないが、ほとんどが配信されていた。それどころか関西などの、他の地域の番組や、昔の番組も観られるようになっていた。へええと思いながら、懐かしい番組や、観られなかった番組を配信で観ていると、テレビはもう必要ないかもと思ったのだった。

1 2 3 4 5 6

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

群ようこ

むれ・ようこ●1954年東京都生まれ。日本大学藝術学部卒業。広告会社などを経て、78年「本の雑誌社」入社。84年にエッセイ『午前零時の玄米パン』で作家としてデビューし、同年に専業作家となる。小説に『無印結婚物語』などの<無印>シリーズ、『散歩するネコ れんげ荘物語』『おネコさま御一行 れんげ荘物語』などの<れんげ荘>シリーズ、『今日もお疲れさま パンとスープとネコ日和』などの<パンとスープとネコ日和>シリーズの他、『かもめ食堂』『また明日』、エッセイに『ゆるい生活』『欲と収納』『よれよれ肉体百科』『還暦着物日記』『この先には、何がある?』『じじばばのるつぼ』『きものが着たい』『たべる生活』『これで暮らす』『小福ときどき災難』、評伝に『贅沢貧乏のマリア』『妖精と妖怪のあいだ 評伝・平林たい子』など著書多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事