よみタイ

栗原登志恵「スタイリスト栗原登志恵のイタリア時間  服も暮らしもシンプルシック・ベースがいい」
ミラノとアッシジ。
スタイリストの栗原登志恵さんが、2つの町を拠点にイタリアに暮らして約15年。
夫、アメリカン秋田犬のクマちゃん(3歳♀)とともに、
都会と田舎、それぞれの生活を楽しんでいます。
イタリアでの日々を通して提案する、心地よい暮らしとは――。
日本に住んでいても、簡単に取り入れられるヒントの宝庫です。

初秋のミラノはスニーカーで

世界最大級のゴシック建築、ミラノのドォーモ
世界最大級のゴシック建築、ミラノのドォーモ

9月の心地よい風を感じる、爽やかなミラノです。
ミラノはイベントが目白押しで、毎年4月に開催されていたミラノサローネ国際家具見本市が、
昨年は中止になりましたが、9月5日から10日まで無事に開催されました。
2年前の9月は、ミラノコレクション期間後半だったものの、
ミラノ郊外でもコロナ感染のニュースが流れてから、
街中の空気感がガラリと変わりました。

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガッレリアも、人が戻り始めた
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガッレリアも、人が戻り始めた

すぐに補充されましたが、スーパーマーケットでは、
パスタをはじめ食料の棚がガラガラになった数日間でした。
それから感染者数が急増、イタリア全土でのロックダウンとなりました。
今回、見本市が開催されたことで、感染防止対策も徹底化され、一歩前進した様に感じました。
ひとえに医療関係者の方々などのお陰と、心から感謝の気持ちです。

ミラノの書店店頭に並ぶ、ベルばら!
ミラノの書店店頭に並ぶ、ベルばら!

”フォーリサローネ”(FUORI SALONE)と言われる、ミラノ市内で誰でも無料で入場できるデザインの展示会も、同時に開催されました。
この同時開催をミラノデザインウィークと呼び、ミラノで最も華やかで美意識の高い方が街を行き交います。
私にとって、ファッションチェックに忙しくワクワクする時期です。

フォーリ・サローネでのエルメスの展示
フォーリ・サローネでのエルメスの展示
フォーリ・サローネでのグッチの展示
フォーリ・サローネでのグッチの展示

一方、8月6日からは、文化施設、長距離バス、電車、飛行機などの移動手段、
飲食店での店内利用者には、ワクチン接種証明のグリーンパスの提示義務があり、
今回展示会場でも必要でした。
もちろん、マスクも着用しなければなりません。
カラフルなマスクが薬局でも購入出来るので、その日の気分や洋服に合わせ楽しんでいます。

さすが、美の国・イタリアのマスクのカラーバリエーション!
さすが、美の国・イタリアのマスクのカラーバリエーション!

普段、犬の散歩以外、これと言ってスポーツもせず不健康な私ですが、
9月のイベントが多いこの時期は、スニーカーを履いて歩き回ります。
以前、スカラ座の前で、石畳の溝にローヒールを挟んでしまい捻挫したこともありますが……(涙)。
スニーカーならば、歩くことが苦になりません。
市内は、車移動より歩いたほうが建物を見たり、お店をのぞいたり、寄り道を楽しめます。
今回ミラノの家にあると思っていたコンバースが見当たらず明日にでも買いに行く予定ですが
洋服を選ばずにコンバースが合わせてくれるのでローカット、ハイカット共々都会でも田舎でも履いています。

ユニクロのアースカラーの洋服に、ジミー・チュウのサンダルを合わせて。写真奥には愛犬クマちゃんが寛ぐ姿が。
ユニクロのアースカラーの洋服に、ジミー・チュウのサンダルを合わせて。写真奥には愛犬クマちゃんが寛ぐ姿が。
ブラウスとシューズを赤でまとめた、季節の狭間のコーディネート
ブラウスとシューズを赤でまとめた、季節の狭間のコーディネート

旅先で、珍しい色目のコンバースに出会う時もあるのでチェックしています。
去年から仲間入りした、ヘルノ初のスニーカーは、足入れして驚いたのを今でも忘れません。
ソールの爪先あたりが少し上にカーブしていて、一歩踏み出した時に背中を押してくれる様なハイテクなスニーカーです。
いつものお洋服も、このスニーカーを合わせるだけで印象が変わり、
今年らしくなるかな? と自己満足しています。
トラムやバスを横目に、二駅は軽く歩けます。

ダウンジャケットで有名なHeruno(ヘルノ)初のスニーカーは、歩きやすさ抜群!
ダウンジャケットで有名なHeruno(ヘルノ)初のスニーカーは、歩きやすさ抜群!

とはいえ、ミラノの9月は、日中最高気温が30度を超える日もありますので、
まだまだサンダルを履きたくなります。
お洋服の色目を秋を感じる様な色目にしたり、
バッグを籠からレザーに移行したり、秋のエッセンスを取り入れています。

ミラノの街には、テラコッタ色に日焼けし夏を満喫した、
マスク着用の方々が行き交います。
コロナウイルス感染の状況がようやく落ち着いたなか、
感染対策を取りながらも、外出や装いを楽しめる時間が戻ってきました。

クマちゃんは、木々の間に何を見る? ムクムクとした後ろ姿がかわいい……。
クマちゃんは、木々の間に何を見る? ムクムクとした後ろ姿がかわいい……。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

栗原登志恵

1964年東京都中野区生まれ。スタイリスト。
文化服装学院の服装科在籍中に、ファッション雑誌「JJ」のスタイリストのアシスタントとなる。
卒院後、ファッションジャーナリストの大石尚氏のアシスタントを務め24歳で独立。
上品でコンサバティブながらも遊び心のあるコーディネートは、女性誌一般読者はもちろん、女優やタレントからも支持を得ている。
2006年からミラノ在住。仕事の際には東京とイタリアを往復している。別荘のあるウンブリア州のアッシジに滞在することも多い。

週間ランキング 今読まれているホットな記事