よみタイ

不良夫婦
あなたは「結婚」という制度に、疑問を感じたことはないだろうか。

連日メディアを騒がせる不倫ゴシップなど氷山の一角。女性の社会進出、SNSや出会い系アプリの普及……出会いの機会が爆発的に増える一方、多くの夫婦が良好な関係の維持に苦戦しているのもまた事実。セックスレス、不妊、モラハラ、DV......問題は山積みで、それが令和時代の夫婦を取り巻く現実だ。

これは120年以上も変わらない今の結婚制度に限界を感じ始めたと夫と妻が、それぞれの視点で語るストーリー。

妻との不仲に悩むエリート弁護士・櫻井康介。クライアントである小坂瑠璃子のアドバイスのもとジュエリーを贈って関係修復を試みるが、ともに出席したホームパーティーの場で妻・麻美が突如「起業する」と言い出し、愕然とする――

前話はこちら、連載一覧はこちら

(隔週土曜で更新予定です)

「間違いなく男がいる」深夜帰宅した妻の嘘を見抜きながらも問い詰めなかった夫の心理(第8話 夫:康介)

胸をざわつかせる、セレブ妻のインスタグラム

大通りへと差し掛かる前に、小坂瑠璃子はキャップを目深にかぶり直した。

日曜の朝は、代官山にある小綺麗なマンションの一室でパーソナルトレーニングを受ける。そしてスッピンのまま、恵比寿の自宅まで歩いて帰るのがルーチンだ。

30歳から始めたこの習慣を、瑠璃子はもう2年以上続けている。おかげで最近はコンプレックスだったぽっちゃり体型もずいぶん締まり、ボディライン露わなJAMES PERESのワンピースを着て堂々と街を歩ける。

一目惚れで買ったタイダイ柄のコンバースを満足げに眺めた後、いつもの癖で何気なくインスタグラムを開く。そして思わず「あ」と声をあげた。

『夫婦でホームパーティーにお呼ばれ』というテキストとともに、見覚えあるジュエリーの投稿を見つけたのだ。アカウント名は、“aasamii_days”。

写真には淡いブルーのワンピースにさりげなく置かれた腕……というより、ヴァンクリーフ&アーペルの定番・アルハンブラのブレスレットが写されていた。

まあ、予想できた展開ではあった。件のブレスレットは、懇意にしている弁護士・櫻井康介とランチをした際、瑠璃子が「奥様にプレゼントしたら」と勧めたものだ。彼は本当に、瑠璃子が言った通りの品を贈ったらしい。

そして、いつの間にかフォロワー3万人超えのインスタグラマーとなった“aasamii_days”は、まさか他所の女が進言したとも知らず、順風満帆なセレブ妻を気取って『いいね』を稼いでいる。

すべての事情を知っている身としては、意地悪な笑いがこみ上げてきた。

しかし次の瞬間、『素敵です♡』『旦那様、優しいですね』『上品でasamiさんにぴったり』などと称賛コメントがいくつもついているのを発見してしらけた気分になる。トレーニング終わりの清々しさは一気に消え去った。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

山本理沙

やまもと・りさ●84年 東京都生まれ。日本女子大学文学部卒卒業後、外資系航空会社客室乗務員、金融機関・コンサルティングファームの秘書業務を経てフリーランスへ。
2015年〜2019年に東京カレンダーWEBにて『東京婚活事情』『結婚願望のない男』『東京ホテル・ストーリー』など多数執筆したのち、2020年10月講談社文庫より初書籍『不機嫌な婚活』を出版。よみタイで好評連載中の漫画『恋と友情のあいだで』(里奈Ver.)共著原作者。『不良夫婦』では(妻side)を執筆。

Instagram●Lisa_fluffy
Twitter●山本理沙/WEB作家




安本由佳

やすもと・ゆか●81年 奈良県生まれ。慶應義塾大学法学部を卒業後、化粧品会社広報、損害保険会社IT部門勤務を経てフリーランスへ。
2016年〜2020年1月 東京カレンダーWEBにて『二子玉川の妻たちは』『私、港区女子になれない』など多数の連載を執筆したのち、2020年10月講談社文庫より初書籍『不機嫌な婚活』を出版。よみタイで好評連載中の漫画『恋と友情のあいだで』(廉Ver.)の共著原作者。『不良夫婦』では(夫side)を執筆。

オフィシャルサイト●安本由佳
Instagram●yuka_yasumoto
Twitter●安本由佳|WEB作家@軽井沢

週間ランキング 今読まれているホットな記事