よみタイ

小野一光「限界風俗嬢」
過去の傷を薄めるため……。「してくれる」相手が欲しい……。
性暴力の記憶、セックスレスの悩み、容姿へのコンプレックス――それぞれの「限界」を抱えて、身体を売る女性たち。
そこには、お金だけではない何かを求める思いがある。
ノンフィクションライターの小野一光が聞いた、彼女たちの事情とは。

これまでの連載では、元SM嬢のアヤメ歌舞伎町で働く理系女子大生リカセックスレスの人妻風俗嬢ハルカパパ活・パーツモデルで稼ぐカオル妊婦風俗嬢・アヤカの5人の女性を紹介してきました。

今から20年前、女子大生風俗嬢として働いていたミホさん。
大手企業への就職を機に、風俗から離れた彼女は、今どうしているのか――。20年ぶりの連絡に、彼女の反応は?

大手メーカー勤務の40代キャリア女性が語る“風俗嬢だった若き日々”

ビックリしましたけど嬉しいです

 そんなミホに、二十年ぶりに連絡を入れることにした――
 これまで一切、連絡を取っていない。就職をして忙しいだろうと思っていたし、新たな生活を邪魔してはいけないとの思いもあった、と思う。そうしてフェードアウトするように、記憶の枠外に押し出していた。
 まあ、いまさら連絡を入れたとしても、八割がたは音信不通だろうなと予想しながら、当時の手帳に記していた、いまとは違う〇×〇で始まる携帯電話番号を、現在の〇九〇で始まるように変換し、通話ボタンを押す。
「はい、もしもし……」
 二コールほどで女性が出た。まさか……。
「あの、突然のお電話すみません。××ミホさんの携帯でよろしいでしょうか?」
「はい。そうですが……」
 一瞬だが、頭が真っ白になった。どうしようと慌てながら、必死で言葉を絞り出す。
「あの、すみません。以前、取材でお会いしたライターの小野一光と申します」
「え、あの、なんの取材でしょうか?」
 電話の向こうの声色から、こちらがいったいなにを言っているのかわからない戸惑いが伝わってくる。
「あ、あの、その昔、風俗の取材で……」
「え? ああーっ、あのときの?……」
「そうです。そのライターの小野です」
「うわーっ、ご無沙汰してます」
 それから私は、いまもライターを続けていること、当時取材した女性のその後を取材したいと考えていること、とりあえず結果はノーでも構わないので、説明のために一度会えないかということを話した。
「あ、まあ、いまは東京にいるんで、別に構わないですけど……」
 ミホは突然の、しかも二十年ぶりの電話にもかかわらず、その週の週末に会うことを承諾してくれた。それは、まったく予想もしていない展開だった。
 その夜、週末の待ち合せ場所について送った私からのショートメールに、ミホから返信があった。
〈ビックリしましたけど嬉しいです! お店了解しました。まだ行ったことがなくて気になっているお店でしたので、楽しみです〉
 自分はなんて幸せ者なんだろう。心の底からそう思った。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小野一光

おの・いっこう●1966年、福岡県北九州市生まれ。雑誌編集者、雑誌記者を経てフリーに。「戦場から風俗まで」をテーマに、国際紛争、殺人事件、風俗嬢インタビューなどを中心とした取材を行う。
著書に『灼熱のイラク戦場日記』『風俗ライター、戦場へ行く』『新版 家族喰い——尼崎連続変死事件の真相』『震災風俗嬢』『全告白 後妻業の女』『人殺しの論理』『連続殺人犯』などがある。

週間ランキング 今読まれているホットな記事