よみタイ

鹿児島―東京3往復。かさむ交通費、されど豊か

自分の力でリフォームしてつくる、“町の写真館”

――実際に新生活をスタートしてみて、どうでしたか? 正直、5往復って聞いたときはびっくりしました。

「個人的には、もっと大変なイメージやったんやけど、意外とできるもんよ。でも、羽田空港の近くに寝泊まりする事務所があるっていうのが大きいかな。バスで京都駅に行って、新幹線で品川に行くほうが大変やと思う。だけど、やっぱりお金の面でいうと、自腹切らなあかんところは自腹切ってるから、受けられへん仕事は出てくるよね。それでも、多いときは5、6往復はしてるかな」

――5、6往復してるってことは、数日だけでも帰ってきてるってことですよね?

「改装を早く進めたいっていうのももちろんあるし、東京にいる間は暇なのよ。東京の部屋は、ほんまに寝泊まりするだけやから、最低限のものしか置いてへんし、コロナ真っ最中で友達にも会えへんし、ここで時間を無駄にしたくないって思うとやっぱり帰ろうってなるのよね」

――鹿児島でも写真の仕事はしてるんですか?

「来週は熊本で旅行系の撮影があるかな。東京の仕事やけど、九州に移住するから、九州の仕事は振ってほしいって話をしてあって。こっちで撮影することも増えてきてるね」

――移住してからの計画みたいなものって何かありましたか? タマさんはアクセサリーを作ってるんですよね?

「一応、東京でスタジオ兼アクセサリー工房兼ショップみたいなものもできるかなって考えてみたけど、もちろんお金の面もあるし、東京だとそんなに目新しくもないし。だったらもうちょっと知られていない、知らない人達がいる場所で、また一からスタートするのもいいんじゃないかって思ったのよ。写真の仕事は続けつつ、お客さんに直接働きかけられるものを考えたら、街の写真館みたいなものがやりたくなったのね」

――“街に新しく写真館ができる”って、その響きいいですね。

「それに、マンネリ化してたっていうのも大きいと思う。一年が過ぎて、また一年が過ぎて、このまま年を食っていったら、いつか後悔しそうだなとは思ってたから。子どものためだけに移住したってわけじゃなくて、夫婦2人が楽しんでないと、子どもにも良いイメージを与えられへんって思ってるから、家族全員のための移住やね。でも、言うても子どもは世田谷で育っちゃったから、どうなんかなあとは思ったけど、意外と馴染んでくれてるね」

――小学校も目の前にあるし、環境もすごくいいですね。

「めっちゃ近いから、子どもたちが学校帰りに家の様子を見に来てくれるのよ。今、俺は大工だと思われてるけどね」

――大工? え? リフォームって自分たちでやってるんですか?

「そうそう。柱を入れるとか屋根の補強とか、そういうのは棟梁にお任せして、自分では床を貼ったり、漆喰塗ったり、土間打ちをしたり……」

――そういうことか! この前、仕事で会ったときもリフォーム中って言ってたから、結構時間かかってるなと思ってたんですよ。以前からそういう知識があったんですか?

「全然、全然。DIYとかは多少やってたけど、今は棟梁に言われて、床に潜って傾いている床のレベルを合わせる作業もしてる。だいぶ鍛えられてるからなあ。有難いよね」

――経験値めちゃくちゃあがってますね。お店のコンセプトとかはあるんですか?

「スタジオは、『senpenbanca.』って名前。ローマ字にしてるけど、四字熟語の『千変万化』ね。出会いとか別れとか、入学式とか七五三とか、そういう変化を写真に残してほしいって気持ちと、あと、スペース自体がいろんな形に変わっていけばいいと思っていて。写真スタジオっていう決まった形でやっても面白くないから、時にはギャラリーでもいいし、時には期間限定のショップでもいいし、地域の人が集まる何らかのスポットになればいいなっていう思いもあるのよね」

――完成はいつを予定してるんですか?

「今、インスタで作っていく過程をアップしていて、桜が咲くころには完成させたいと思ってるんだけどね……どうかなあ。周りのじいちゃんばあちゃんからは、早く撮ってほしい、早く完成させないと死んじゃうよって言われてる(笑)」

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

藤原綾

1978年東京生まれ。編集者・ライター。早稲田大学政治経済学部卒業後、某大手生命保険会社に就職するも、大企業の闇に触れて逃げるように宝島社に転職。ファッション誌の編集を経て2007年に独立し、ファッション、美容、ライフスタイル、アウトドア、文芸、ノンフィクション、写真集、機関紙……と、節操なく仕事を受けてきた結果、幅広い業界で編集・執筆活動を行うことに。近年もブランドムック『ANNA SUI COLLECTION BOOK』、雑誌『小学一年生』、漫画『ごろごろにゃんすけ』(村里つむぎ)、書籍『つくるひとびと』(秋山竜次/ロバート)、小説『海の怪』(鈴木光司)、カタログ『LAZY SUSAN』など、極端なノンジャンルで活動中。

インスタグラム @id_aya

齋藤弦

1978年生まれ、京都府出身。フォトグラファー。成安造形大学卒業後、フォトグラファーとして関西を中心に活動する。2006年にロンドンに渡り、帰国後、東京をベースとして活動を開始。広告や雑誌を中心に、モードからカルチャーまで幅広く活躍中。数々の著名アーティストのポートレートも手掛け、業界から高い信頼を寄せられている。

週間ランキング 今読まれているホットな記事