よみタイ

3COINSのメンズコスメで四十過ぎのオッサンがベースメイクを始めてみたら

ドラマ化もされた『死にたい夜にかぎって』で鮮烈デビュー。作家としての夢をかなえた爪切男が、いま思うのは「いい感じのおじさん」になりたいということ。これまでまったく興味がなかったのに、ひょんなことから美容と健康に目覚め……。中年男性が本気で挑む美容と健康にまつわるエッセイ連載です。

前回は健康診断の結果を経て、人生はじめての胃カメラ体験をしたエピソードでした。
今回は3COINSのメンズコスメブランドで初めてのベースメイクに挑戦。
(イラスト/山田参助)

第41回 おじさんはコスメティックに生きたいの

(イラスト/山田参助)
(イラスト/山田参助)

 久しぶりに化粧をしてみたいと思い立ったのだ。
 
 そうはいっても、ちゃんとメイクをした経験なんてほとんどない。ヴィジュアル系バンドにドハマりしていた高校生の頃に、顔中にファンデーションを塗りたくって登校していたぐらいのもんである。
 メイクの基礎など知らず、ニキビ跡を消そうとただひたすらにファンデーションを塗り重ねた結果、首は肌色なのに顔だけ真っ白という見事な白浮き肌の出来上がり。敬愛するBUCK-TICKの櫻井敦司の艶肌を目指したつもりが、その姿は志村けん扮するバカ殿様に他ならなかった。
 抑えきれない感情の暴走と未熟な自己表現こそが青春だと定義するならば、あの白塗りメイクは私の人生における数少ない青春だったように思う。

 今回挑戦するのは、そのような分かりやすいメイクではなく「ベースメイク」である。日々の洗顔、化粧水、保湿などのスキンケアではどうしようもできないシワ、シミ、くすみをカバーして、綺麗な素肌に見せるためのメイク、それがベースメイクである。
 基本となる工程は化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーの3つ。
 ファンデーションのノリを良くし、肌色の調整と共に紫外線や乾燥から肌を守るための化粧下地。色ムラや赤みをカバーし自分好みの肌を演出するためのファンデーション。そしてフェイスパウダーを用いて、化粧崩れを防止するといった流れである。
 文章にして書いているだけで正直面倒臭い。それに加えて、いったい何から買い揃えればいいのか皆目見当もつかない。メイク用品は、一個何千円もする代物も多いので失敗は許されない。
 デパートの化粧品売り場やドラッグストアに足を運ぼうかとも思ったが、メイク用品を購入するのは、化粧水やシートマスクを買うよりも恥ずかしい。「四十過ぎの小太りのオッサンがメイクをする」という現実が、ここにきて大きくのしかかってくる。もう通販に頼るしかないかと諦めかけたとき、私は救世主に出会った。

 近所にある3COINS(スリーコインズ)で、GENAU(ゲナウ)というメンズコスメブランドが今年の2月から発売されていたのである。スリーコインズなんて普段はあまり近づかないのだけど、恋人から頼まれたおつかいで立ち寄ったときにゲナウの存在に気付いてしまった。

 男性が初めてメイクをする際に必要なアイテムが安価で手に入るということで、ローション、ゲルクリーム、コンシーラーペンシルなどがラインナップされている。全てが300円というわけではないのだが、高い物でも800円というなんとも手頃な価格である。そういえば最近、ダイソーを代表とする100円均一ショップで売られているコスメ用品の中にとんでもない逸品が含まれているとYouTubeやテレビで目にしたことを思い出す。
 高級品でもなく、100均でもなく、それよりちょっとだけお高いスリーコインズというのが、人とはちょっと違うものを使いたいという私らしいセレクトのような気がする。ちなみにゲナウとはドイツ語であり、「ちょうどいい」という意味らしい。『ノッキン・オン・ヘブンズドア』に『善き人のためのソナタ』といったドイツ映画が大好きで、モーブスというドイツブランドの靴を愛する私とは浅からぬ縁を感じる。時代はドイツだ。よし、ゲナウ、君に決めた。

 とはいえ、メイク用品だけ購入するのはやっぱり気恥ずかしいので、彼女に頼まれたおつかいの品に加え、特に必要のない生活用品を大量に買い込んでカモフラージュを図る。結局出費がかさんでいる気もするが、そこは考えないようにする。

 紆余曲折の末、今回購入したのは以下の品々。

今回、購入した商品。
今回、購入した商品。

 クレイ洗顔フォームとアクネゲルクリーム、アクネケアローションを少々お高い800円で購入。目の下のクマやシミを消すためのコンシーラーペンシルと化粧下地、日焼け止め、ファンデーションの効果を兼ね備えたBBクリームを500円で、メイク用品とは別に、泡立てネットに、ハンドクリーム、ロールオンフレグランスを300円で買い揃えた。これだけ買っても5千円を超えないのだから素晴らしい。株の売買でもそうだが、やはり初期投資は少額から始める方が失敗をしたときのショックが少なくていい。本当はリップスティックも欲しかったのだが、人気商品らしく品切れとなっていた。残念ではあるが、メンズメイク商品が注目を集めているのはちょっと嬉しくもある。

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

新刊紹介

爪切男

つめ・きりお●作家。1979年生まれ、香川県出身。
2018年『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)にてデビュー。同作が賀来賢人主演でドラマ化されるなど話題を集める。21年2月から『もはや僕は人間じゃない』(中央公論新社)、『働きアリに花束を』(扶桑社)、『クラスメイトの女子、全員好きでした』(集英社)とデビュー2作目から3社横断3か月連続刊行され話題に。
最新エッセイ『きょうも延長ナリ』(扶桑社)発売中!

公式ツイッター@tsumekiriman
(撮影/江森丈晃)

週間ランキング 今読まれているホットな記事