よみタイ

人生も美容も健康もちょっと失敗するぐらいでちょうどいい 

 そういえば、「美容」と「健康」に目覚めて以来、知らず知らずのうちに漢方薬屋から足が遠のいていることに気が付いた。
 著名人が紹介しているもの、口コミ評価の高いもの。そんな美容グッズばかりを探し求めている最近の私。それで多少肌ツヤが良くなったとしても、何か大事なことを忘れてやしないだろうか。

 物事ってのは正解ばかりを追い求めてもつまらない。つまらないってことは長続きしないということだ。人生も美容も健康もクイズ番組ではない。先はまだまだ長いのだから、たまには間違うぐらいでちょうどいい。「失敗は成功の母」であるし、説明書通りに作り上げたプラモデルが一番美しいとも限らないのだから。

 その日、久方ぶりに顔を合わせた漢方薬屋のオヤジに私は訊ねる。
「あの……美容にいい漢方薬はありますか?」
 今の私には漢方はおそらく必要ない。でもこいつの作る怪しい漢方薬がどうしても必要なのだ。いや、必要がないからこそ必要なのだ。真実の「愛」ってそういうもんじゃないのか。

「なるほど、それならいいのがありますよ。これは私が独自に開発した化粧水でして……、あとこれね、私がブレンドしたルイボスティーの茶葉なんですけど……」

 なんてこった。このオヤジ、漢方薬以外にも手を出していやがった。

(イラスト/山田参助)
(イラスト/山田参助)

当連載は毎月第2、第4日曜更新です。次回は11月27日(日)21時配信予定です。お楽しみに!

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

爪切男

つめ・きりお●作家。1979年生まれ、香川県出身。
2018年『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)にてデビュー。同作が賀来賢人主演でドラマ化されるなど話題を集める。21年2月から『もはや僕は人間じゃない』(中央公論新社)、『働きアリに花束を』(扶桑社)、『クラスメイトの女子、全員好きでした』(集英社)とデビュー2作目から3社横断3か月連続刊行され話題に。
最新エッセイ『きょうも延長ナリ』(扶桑社)発売中!

公式ツイッター@tsumekiriman
(撮影/江森丈晃)

週間ランキング 今読まれているホットな記事