よみタイ

MB「新潟出身の服バカが年商1億以上を稼ぐまで~ 小学生でもわかるMBのビジネス成功論」

日本に電柱は何本ある?~諦めない考え方「フェルミ推定」のススメ

努力できるのも才能」と。

ここまで来るともはや禅問答に近いですが……
「努力できるのも才能、だから自分は努力できない」
そう言い切るのであればじゃあどうやって人生を好転させていくのでしょうか。

人はとにかく出来ない理由ばかり探して考えることをやめてしまいます。
「努力」なんて誰でも出来ること、時間を犠牲にすれば誰だって他人と差をつけることが出来るのです。
それにもかかわらず「努力も才能」と、どこかで仕入れてきたようなそれっぽい言葉に身を委ねて、誰でも出来ることすら諦めてしまうのはなんとも残念な限りです。

また、私が洋服の話をどれだけ論理的に語っても、必ずこうした反応が一定数かえってきます。

「僕は低身長だからロングコートが似合わないんです」

「似合わない」というそれっぽい言葉で自分が「おしゃれになれない」言い訳をしてしまう人が大変に多い。低身長でロングコートが似合わないのなら、女性は皆ロングコートが似合わないことになりますが……そんなことありませんよね?
数多くの人をスタイリングし、誰よりも洋服について研究してきたから、私が断言します。

「似合わない」の90%が言い訳に過ぎません。

洋服は細かい部分の積み重ねで印象が変わります。
たとえばよくあるのが……
「ショップスタッフの着こなしを真似してみても、なんか自分で着るといまいちしっくりこない」なんて例。
これを多くの人は「自分には似合わないんだな」と解釈し、諦めてしまいます。
しかし例えば袖をどのくらいまくるか、シャツのボタンを一つ外すのか二つ外すのか、合わせる靴は何を選んでいるのか、小物は何をチョイスしているのか、そうした細かい積み重ねで印象は大きく変わります。

私は対面でスタイリングすれば、その人が「似合わない」と思い込んでるものを「似合う」ように整える自信があるし、今まで何人も何十人も何百人もそのようにさせてきました。
工夫と努力を重ねれば皆どんなものでも着こなすことができるのです。
それなのに工夫も努力もせず「似合わない」で片付けてしまうから、いつまでもおしゃれになれない。

おしゃれな人はちゃんとその壁を超えてるからこそカッコイイのです。

ギターのFコードを弾けない理由を

「自分は手が小さいから」
「爪が出ているから」
「不器用だから」

とそれっぽい理由をつけて諦めるのと同じです。
Fをこともなげに弾く人はそうした言い訳を乗り越えてきたからこそ出来るのです。

我々はなんでもかんでもすぐに諦めてしまう。
それっぽい理由をつけて、それっぽい言葉を並べて、すぐに捨ててしまいます。それではいつまでも人生は変わらないし、他人に流されて生きることになるでしょう。

理想は努力の果てにある

フェルミ推定が教えてくれるのは「諦めない態度」です。

私がMBとして仕事を始めた7年前に、「答」を知っていたから始めたわけじゃ勿論ありません。色々な推察と思考を繰り返して「MB」にたどり着いているだけです。

7年前に「ホリエモンと一緒に仕事をする」なんて
7年前に「年商億超えの会社を作る」なんて
7年前に「1万人以上の有料メルマガを配信する」なんて

周りの人には想像もできないことだったでしょう。
でも「出来るわけない」と諦めずに「どんな方法があるだろう」と少しずつでも歩を進めたからこそ今があるわけです。

私は頭が悪いし要領も良くないから、随分遠回りはしてしまったけど、それでも今では「理想の近似値」までは算出することができています。

あなたに夢はありますか?
理想はありますか?
叶えたい未来はありますか?

それを諦めるのはとても簡単だし、生物的にはさっさと諦めてエネルギー消費を抑えることを望むでしょう。
……でもあなたが今持っている材料でそれを実現できるとしたら?

諦めるのは簡単です。
でも諦めなければ答えは算出できます。

フェルミ推定は未来を叶える考え方。

暗記型教育に馴染んだ我々には少し難しく感じるかもしれませんが、答のない現代だからこそ必要な考え方だと思っています。
是非ご参考に。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラー他、漫画「服を着るならこんなふうに」の監修含め、関連書籍は累計100万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
よみタイ連載をまとめたビジネス書「もっと幸せに働こう」は紙版・電子版ともに多くの支持を集めている。

公式サイトhttp://www.neqwsnet-japan.info/

Twitter https://twitter.com/MBKnowerMag

公式YouTube MBチャンネル

週間ランキング 今読まれているホットな記事