よみタイ

MB「新潟出身の服バカが年商1億以上を稼ぐまで~ 小学生でもわかるMBのビジネス成功論」
特別な技術や才能、学歴がなくても結果を出すことはできる……地方のショップスタッフからスタートし、今や年商1億以上をあげるまでにいたったMBの仕事術とは? 自身の経験から培った、結果を出すための「特別な思考と行動」について語るMB的ビジネス成功論。

MBになんて死んでもなりたくない~幸せとは何か?人生最大の難問を解くカギ

「なんで皆、MBさんになりたいと思ってるんでしょうね??」
「MBさんと同じ1日を送ったら、皆初日で諦めると思う」

先日アシスタントとそんな話になりました。

ここ数年ずーーーっと
「MBさんみたいになるにはどうしたらいいか」
と質問され続けてきました。

読者さんからメールもいただきます。
イベントで質問も頂戴します。
ありとあらゆる場所でありとあらゆる人に言われてきた話ですが
……実は私自身も「私が送っている生活で幸せを感じることができるのは多分私しかいない」と認識してます。

アシスタントは直接隣で見てきて実感するのでしょう。
「なんで皆この人になりたいと思うのだろう??」と。

本当に幸せを感じることができるのか

私は職歴もないし、学歴もないし、立派な才能も技術もありません。
それでもある程度お金を稼いで不自由のない暮らしをしています。
お話をうかがうと多くの人はここに着目して、「MBさんみたいになりたい」と言います。

しかし「MBさんみたいになりたい」と思っている人は是非冷静に、私の連載媒体や仕事量を観察いただきたい。
私は毎週10万文字程度の執筆をこなしています。
これは多分日本最多レベルの執筆量です。
連載は、落とせば当然信頼を失いますから、必ず締め切りまでに仕上げる必要があります。過去7年間で1度だけ病欠がありましたが、それ以外は一度も落としたことがありません。

メルマガは毎週日曜の18時配信ですが、これも配信が遅れるとまぐまぐさんが容赦なく配信停止処分にするので、毎週必ず同じ日に入稿しなければなりません。

執筆もメルマガのネタ作りも誰も手伝ってくれません。
すべて自分でネタを探し、すべて自分の手でタイピングし、すべて自分の手で担当編集にメールで送ります。
月曜・火曜・水曜・木曜に連載の締め切りがあり、メルマガの締め切りは土曜にやってきます。

これをすべて忘れず欠かさず、週に10万文字。

そして撮影もすべて自分の体で着用して行い、紹介するものはすべて自腹を切って買うのが私の媒体のルール。
執筆だけでなく、洋服作りや各種打ち合わせ、取材や媒体出演をこなし、土日はイベントが多い。休日は年間で数日程度あればいい方です。
朝から晩まで基本的にはすべて仕事で、夜は取引先と会食がメイン。

たとえこれで1億円以上稼げたとしても、本当に皆がこの生活で幸せを感じられるのでしょうか?

幸せの形は人それぞれで驚くほど違う

何度説明しても理解されませんが、幸せの形は人それぞれで違います

驚くべきことに私は上記の生活で幸せいっぱいになれるのですが、おそらく世界中のどこに行っても上記の生活で幸せを感じることのできる人は、そうそういないでしょう。

私は「こんなに頑張ってる俺、偉いだろ?」なんて微塵も思ってません。
「こんなにお金稼いで偉いだろう?」とも思っていません。
もし私が完璧なビジネスマンなら頑張らずにお金を得る方法を考えます。

堀江貴文さんに私の仕事の話をするといつも絶句されます。
「すげーなw 俺ならすぐやめるわw」と。

さらに言えば、これだけ自分の時間を浪費しているのに稼いでいるお金は10億円未満です。
私より労働時間が少なくて年商が高い人なんてこの世に山ほどいますよ。
そもそも私は365日24時間ほとんどを仕事に費やしているわけで時間単価なんてたかが知れてます。

効率で考えれば私は大して賢くも偉くもないのです。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラー他、漫画「服を着るならこんなふうに」、ライトノベル「魔王は服の着方がわからない」などの原作監修も含め、関連書籍は累計100万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、フリークスストア、アダムエロペ、ステュディオス、しまむら、紳士服のAOKIといった大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
公式サイトhttp://www.neqwsnet-japan.info/

Twitter https://twitter.com/MBKnowerMag

週間ランキング 今読まれているホットな記事