よみタイ

MB「新潟出身の服バカが年商1億以上を稼ぐまで~ 小学生でもわかるMBのビジネス成功論」

世界をイージーモードにする方法〜心理的盲点の罠

実際すでにここ数年で、アローズやビームスなど多くの大手セレクトが「高級古着」をラインナップして、数字を叩き出しています。

「雑多な古着でなく、バイヤーが厳選した古着」を売る形式。トレンド感がありブランド品と間違うばかり。
普通の古着よりは厳選している分、値段は高くなるけれど、ブランド品を買うよりはずっとずっと安い。
つまり「セレクトブランド」を見せ筋にして、「古着」を売り筋にするという手法です。

そして、こうしたことを想定するからこそ、セレクトショップが展開する古着屋さんは「いかにも古着屋さん」のような内装にしてはいけない。
少量で厳選したものだけを置くため、綺麗な内装で美しく陳列し「ブランド品のような」ということを伝わりやすくしなければいけません。またブランド品と並べて陳列することで、その効果はさらに期待できるでしょう。

そしてもう一つ。
勘の良い方は「え? アローズやビームスがもうやってるのなら差別化にならないんじゃないの?」と思うかもしれませんがそれは違います。
何しろ古着は「一点もの」だからです。
お店がある程度増えてもブランド品のように被ることがほぼないので、差別化要素が消えにくいのですね。

徹底的にレクチャーしたのに、別物になってしまった理由

……と、ここまで徹底的に説明したのですよ。
本当に長時間かけてガッツリと論拠と予測を叩き込みました。自分がディレクションしたお店が元気なくなったら嫌ですからね。
とことん叩き込み、店長は「わかりました!やってみます!」と意気込みます。

……そしてしばらく経って、実際にお店を訪れて私は驚きました。
眼前に広がったのは「普通の古着屋さん」だったのです。

ブランドと古着は完全に分けて陳列され、扱う古着は街の古着屋さんと同じようにごちゃごちゃと大量に仕入れられたもので、選別などほとんどない状態。
それどころか普通の古着屋さんのように「ヴィンテージデニム」などを並べたりと、それはもう「ただの古着屋さん」になっていました。

ただの古着屋さんを始めたところで、ノウハウたっぷりの既存の古着屋さんに勝てるわけがないのです。
「ブランド品を扱っているショップが古着をやる」から意味があるのに、やっていることはそのまま普通の古着屋さん。
どうしてこうなったのか、それは「スコトーマ」が関係しているのです。

店長は私の情報を全て逃さず聞いたのです。
しかし「古着をやる」というポイントを認識した時に「古着屋さんってこういうものだよな」という常識や慣習や正解が頭をよぎります。
その正解が頭に入った瞬間にスコトーマが生まれたのです。「古着屋さんってヴィンテージデニムやるよな、ギチギチに陳列するよな、ブランド品とは完全に分けて展開するよな」と。

実際こうした内容をやっているお店……私がバイヤーをやっているMB LOCKER ROOMは初年度からしっかり黒字を叩き出しています。
私からすれば「ほら見たことか」としか言えません。
せっかく協力したのに歯がゆい限りです。

世界をイージーモードにする方法

上の二つの例に共通すること、それは「正解はすでに自分の手の中にある」ということです。

実は考え方次第、発想次第で、特別な修行がなくても成功することができます。ブログも「共感」というポイントに思い当たれば成功するし、セレクトショップなどは自分の持っている情報を冷静に理解すれば成功できたのです。

にも関わらず、なぜ我々は「自分の持っている正解」に気がつけないのか、それは「スコトーマ」があるからです。
常識や慣習などからくる「心理的盲点」、これを外すためには一体何をどうしなければならないのか。
……それには常に疑問を持つことしかありません。

本当にそれで正しいのか
自分の好き嫌いで考えていないか
常識や慣習でなんとなく判断していないか
本当にそれをやりたいと思っているのか

などなど。
今ある考えに常に疑問を持つようにしてください。
「なんだ、それだけか」と思うかもしれませんが、「スコトーマが存在すること」「常に疑問を持つこと」この2つを意識するだけでもかなり判断は洗練されます。

例えば、会社が社員全員毎日同じ時間に出社することを義務づけている理由が私にはわかりません。だから弊社は出勤自由にしています。満員電車で疲労して、メンタルをやられた人たちの環境の中で過ごすことが、仕事に対してポジティブに働くとは思えないからです。

こうした常識や慣習に対して一つ一つ疑問を持つ習慣を持つと良いでしょう。
「なんで学校にいかなきゃいけないんだっけ?」
「なんで上司の言うこと聞かなきゃいけないんだっけ?」
そうした根本的なことでも構いません。
考えてみて正しいと思ったそのままで良いし、間違ってると思うならやめれば良い。
また、すぐにやめられないのならやめる方法を考え出すのも良いでしょう。

こうした柔軟な思考がスコトーマを一つ一つ外してくれて、正しい判断や考えを導き出すことが出来るようになります。

今回の話、実はほとんどの人……9割以上の人にとって「耳が痛い話」のはずです。何も感じず流し読みしている人ほど、スコトーマに侵されているかもしれませんよ。
是非考えてみてください。
断言しますがスコトーマを外せれば、世界は「イージーモード」になります。オススメです。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラー他、漫画「服を着るならこんなふうに」、ライトノベル「魔王は服の着方がわからない」などの原作監修も含め、関連書籍は累計100万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、フリークスストア、アダムエロペ、ステュディオス、しまむら、紳士服のAOKIといった大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
公式サイトhttp://www.neqwsnet-japan.info/

Twitter https://twitter.com/MBKnowerMag

週間ランキング 今読まれているホットな記事