よみタイ

MB「新潟出身の服バカが年商1億以上を稼ぐまで~ 小学生でもわかるMBのビジネス成功論」
特別な技術や才能、学歴がなくても結果を出すことはできる……地方のショップスタッフからスタートし、今や年商1億以上をあげるまでにいたったMBの仕事術とは? 自身の経験から培った、結果を出すための「特別な思考と行動」について語るMB的ビジネス成功論。

ビジネスには「アート性」が必要である~唯一無二のブランド力

昨今ZOZOTOWNの平均商品単価が下落傾向にあります。以前までは5000円以上ありましたが、直近の数字では3000円台まで落ち込んでいます。

ごく簡単に説明すれば「以前よりも安物が売れている」ということになりますが、この要因は楽天系ブランドの流入にあります。

ブランドビジネスは原価計算・価格競争とは離れたところにある

ユナイテッドアローズやビームスなど、誰もが耳にしたことのあるようなブランドを比較的多く扱っていたZOZOTOWNですが、今では聞いたこともないようなブランドが売上ランキング上位を占めています。
それもジャケット1枚で4000円だとか、デニム1枚で1900円だとか随分と破格なものばかり。
こうした商品は「ZOZOで売れている(売れていた)ブランド品を真似して、より格安で展開する」というアプローチが多い。
例えばブランド品と同じようなモデルを使い、同じような品質に仕上げ、同じようなデザインにし、値段は半額程度まで落とすというやり方。

同質商品を経済規模や利幅によって価格競争を起こすという手法はいかにも工業製品的であり、従来の「ブランドビジネス」とは相反するやり方です。

従来のブランドビジネスとは上述の原価計算・価格競争とは少し離れたところにあります。
500円の原価のものに付加価値をつけ10000円で販売していくのがブランドです。
例えばグッチと同じような素材、同じようなデザインのスーツはいくらでもあります。同じようなクオリティで半額程度で売られているものも実際にあります。
しかしそうした価格競争が起こってもグッチがビクとも揺らがないのは、彼らが「ブランド」であるからです。

グッチと同じようなものがあったとして、例えそれが半額程度の値段だったとしても、ブランドの世界観や哲学や思想や歴史といった付加価値に惹かれているからこそファンはグッチを選ぶのです。
この場合「機能的な意味」だけで言えばグッチを買う理由はないでしょう。

しかしそれでもグッチが売れているのは機能的な意味というより、「感情的な意味」で購買が発生しているからなのです。

今の世の中、いくらでもコピーが可能です。

「機能的意味」というだけで言えばいくらでも複製・濫造ができる
例えばこの連載の文章だって似たような内容にして微妙に文体を変えてブログに書くことだってできるでしょう?
ネット上のデータはアパレルなどの物質的なものよりもさらにコピーが簡単です。「機能」で言えば、別にこの連載を読まなくても、大学生の三流ブロガーがコピーした記事を読んでも意味は同じわけです。

私自身そうしたブログをいくつか見つけたこともあります。「あれ? これ俺の論をコピーしてるな」と思う記事は一つや二つではありませんでした。
しかしそうした記事を書くブロガーでアクセスを集めるている人を見たことがほぼありません。
機能的には同じはずなのに……さて何故でしょう??

私のメルマガもそうですね。
「ユニクロなどの格安品でおしゃれをする」という機能的な意味だけで考えるならば、どうして私のメルマガだけがこんなにも人を集めることが出来るのでしょうか?

おかしいと思いませんか?

私じゃなくても「ユニクロでおしゃれをする」人は全国いくらでもいるでしょう? 
販売員さんでもスタイリストさんでもオシャレをかじってる人なら「ユニクロでおしゃれをする」という機能をいくらでも提供できるはずです。

しかし私以上に人を集める人、
私以上に収益化する人、
私以上に書籍を出している人はほとんど見かけません……

さてどうしてでしょう?

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラー他、漫画「服を着るならこんなふうに」、ライトノベル「魔王は服の着方がわからない」などの原作監修も含め、関連書籍は累計100万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、フリークスストア、アダムエロペ、ステュディオス、しまむら、紳士服のAOKIといった大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
公式サイトhttp://www.neqwsnet-japan.info/

Twitter https://twitter.com/MBKnowerMag

週間ランキング 今読まれているホットな記事