よみタイ

稲田ズイキ「罰当たりなほどにユルくてポップな仏教トーク」

仏教の「縁起」を理解すれば、失恋の傷は秒で癒える!かもしれない

坊主なのに煩悩まみれ。
そんな俗世と浄土を行き来する、ユル〜い僧侶・稲田ズイキがお届けする仏教トーク。

前回はサラリーマンの休日にちりばめられた「八苦」を解説しました。
今回の用語は、仏教の大切な考え方のひとつ「縁起」。これを読めば、お医者様にも治せない例の病の特効薬となるかもしれないのです!?

思い返せば、フラれてばかりの人生である。

一応言っておくけど、僧侶だって当たり前のように恋をして、当たり前のようにフラれる。坊主 meets girl、尼僧 meets boy、他諸々。「失恋の数だけ人は強くなる」なんて言うが、僧侶の場合は「失恋の数だけ説法が増える」のだ。

大学生の頃、付き合って6時間でフラれたことがある。0時にカラオケボックスで告白してOKをもらい、オール後の朝6時に突然「なかったことにして」と告げられフラれた。僕は楽しく『デジモンテイマーズ』のOP曲を歌っていただけだったのに。

『ガンダーラ』を入れるべきだったのか、はたまた『なんまいDUB』を入れるべきだったのか。すまんブッダ、少し浮かれてしまった。

僧侶、失恋する。これまで何度もこの世の諸行無常を悟った瞬間がある。
今回は失恋から、仏教の重要な考え方の一つ「縁起えんぎ」を読み解いていきたいと思う。

くりかえされる恋の輪廻

この地球上どれだけ探してみても、フラれる場面以上に、自分の煩悩が揺さぶられるシーンは存在しないだろう。

「好きです。付き合ってください」

「う〜〜〜〜〜〜ん、ありがとう。すごく嬉しいんだけど、なんていうか、今の関係を壊したくないというか。友達っていうか、家族というか。一緒にいればいるほどそういう感情になってきてしまって……」

なにこの既視感? デジャヴュ? 『テラスハウス』でも展開されてたよね、このエンドレス「いい人で終わる」ループ。
欲しいものが得られない煩悩。それでも僕らは恋の輪廻に再び足を踏み入れてしまう。

僕の数少ない経験でも、これまで、恋愛関係の解消含めてフラれた理由は、多岐にわたる。

「昔の彼氏を思い出した」
「重い」
「今忙しいから恋愛している場合じゃない」

その度、律儀に悩んできた。「重い」と言われた日には、もしかして自分は無自覚に重い男なんじゃないかと反省した。でも考えてみると、LINEも毎日してないし、デートだってまだ数度しかしてない。っていうか、付き合ってすぐに僕が修行に入ったから、ここ1ヶ月は一切連絡をしてなかったじゃん!?(俗世間離れした事情)

恋は理不尽すぎる。好きだった人に承認されていたあの時の気持ち、あなたさえいれば他にはなにもいらないと思えたあの万能感。そのすべてがたった一言「重い」で崩壊する。なにそれ、なんてバルス? 

恋、無理ゲー問題。なぜ恋はこんなにも理不尽に儚いのだろうか? そしてなぜこんなにも胸が苦しくなってしまうのか。
実は、その答えは仏教の「縁起」という言葉で全て説明できてしまうのだ。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

稲田ズイキ

いなだ・ずいき●僧侶。1992年京都の月仲山称名寺生まれで現・副住職。同志社大学を卒業、同大学院法学研究科を中退、その後デジタルエージェンシー企業インフォバーンに入社。2018年に独立し、寺に定住せず煩悩タップリな企画をやる「煩悩クリエイター」として活動中。コラム連載など、文筆業のかたわら、お寺ミュージカル映画祭「テ・ラ・ランド」や失恋浄化バー「失恋供養」、煩悩浄化トークイベント「煩悩ナイト」などリアルイベントを企画しています。フリースタイルな僧侶たちWeb編集長。Twitter @andymizuki
過去の執筆・出演記事はこちら

竹内佐千子

たけうち・さちこ●漫画家。おっかけ対象が男子で恋愛対象が女子のレズビアン。
自身の恋愛体験を描いたコミックエッセイをはじめ、おっかけ、腐女子、などをテーマにしたコミックエッセイを描き続け、最近はストーリー漫画も描いている。
赤ちゃん本部長』(講談社)、『生きるために必要だから、イケメンに会いに行った。』(ぶんか社)など。
ホームページhttp://takeuchisachiko.jp/
Twitter @takeuchisachiko

週間ランキング 今読まれているホットな記事