よみタイ

稲田ズイキ「罰当たりなほどにユルくてポップな仏教トーク」

これがほんとの「ライフ八苦」ってやつか……!? サラリーマンの私生活には八苦があふれてた

坊主なのに煩悩まみれ。
そんな俗世と浄土を行き来する、ユル〜い僧侶・稲田ズイキがお届けする仏教トーク。

前回は「四苦八苦」の「四苦」を、サラリーマンのウィークデーの中から探してみました。
今回は引き続き、「四苦八苦」の「八苦」を、サラリーマンの休日を舞台に解説します。

労働なんかしないで 光合成だけで生きたい

これスガシカオの曲のタイトルなんですけど、この言葉、墓に刻もうと思ってます。
日光浴びるだけで「あ〜すごいね〜酸素出して〜よしよし偉い〜」って言われたいもんね。たまに光を浴びるだけで「うっ」となることもあるんだけど。誰かマジでGIVE ME 葉緑体。

仏教では「一切皆苦」、つまり「人生は苦だらけ」だと説かれている。
そんなガチ正論が仏教のベスト4(四法印)の教訓なのである。つまり、釈迦(a.k.a.ブッダ)は、

とりま、これだけは覚えといて…人生マジ思い通りにいかないから!

と言っているのだ。なによ、釈迦、あんためっちゃ話が分かるじゃん。そうだよね、「何事も人生の勝敗は自分次第だ!」って言ってくる自己啓発本なんかよりかは、俺たちの光合成したくなる気持ちがわかってくれている気がするよね。今度からお経聴きながら、「それな」って合いの手入れ続けてもいいですか?

仏教では「苦」とは「思い通りにならないこと」と定義し、「四苦八苦」という、合計8つの代表的な苦が説かれている。前回はサラリーマンの平日を舞台に、根本的な苦「四苦」について解説した。

今回はサラリーマンの私生活の中から、「四苦八苦」の残り4つの苦「八苦」を探してみよう。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

稲田ズイキ

いなだ・ずいき●僧侶。1992年京都の月仲山称名寺生まれで現・副住職。同志社大学を卒業、同大学院法学研究科を中退、その後デジタルエージェンシー企業インフォバーンに入社。2018年に独立し、寺に定住せず煩悩タップリな企画をやる「煩悩クリエイター」として活動中。コラム連載など、文筆業のかたわら、お寺ミュージカル映画祭「テ・ラ・ランド」や失恋浄化バー「失恋供養」、煩悩浄化トークイベント「煩悩ナイト」などリアルイベントを企画しています。フリースタイルな僧侶たちWeb編集長。Twitter @andymizuki
過去の執筆・出演記事はこちら

竹内佐千子

たけうち・さちこ●漫画家。おっかけ対象が男子で恋愛対象が女子のレズビアン。
自身の恋愛体験を描いたコミックエッセイをはじめ、おっかけ、腐女子、などをテーマにしたコミックエッセイを描き続け、最近はストーリー漫画も描いている。
赤ちゃん本部長』(講談社)、『生きるために必要だから、イケメンに会いに行った。』(ぶんか社)など。
ホームページhttp://takeuchisachiko.jp/
Twitter @takeuchisachiko

週間ランキング 今読まれているホットな記事