よみタイ

稲田ズイキ「罰当たりなほどにユルくてポップな仏教トーク」

『般若心経』が超スゴいお経であることをアイドル業界にたとえてみた

般若心経はDEF.DIVAだ

『般若心経』の凄さを語るために、まさか「玄奘=つんく♂」であることまで言及しないといけなかったとは、予想もしないことだった。

だがしかし、ここまで来れば、いかに般若心経がスゴイお経なのか、身に沁みてわかるのではないだろうか。

先述した通り、『般若心経』は般若経グループ、ハロプロに所属するアイドルである。
数々のプロフェッショナルなアイドルが所属し、今もなお一大カルチャーを築き上げるハロプロ。

『般若心経』は、そんなハロプロの頂点ともいうべきエース集団なのだ。

般若心経の「心」とは「こころ」の意味ではなく「中心」ということ。
すなわち、般若経グループのエッセンスを意味している。
つまり、「般若経グループの絶対的エース集団」という意味がその『般若心経』という名に冠されているのである。

それは、『般若経』グループの集大成とも言える『大般若経』(モーニング娘。)と比較すればより明らかになることである。

『大般若経』は巻数が600巻、文字数はなんと480万文字だと言われている。
それに比べて、『般若心経』はわずか262文字。ズバリ、2万分の1なのである。

そんな、モーニング娘。を凝縮させ、ハロプロの絶対的エース集団を集めたアイドルといえば、もうこのアイドルしかいない。

DEF.DIVAデフ.ディヴァ
である。

モーニング娘。の安倍なつみ・後藤真希・石川梨華の3人と、松浦亜弥から構成されるハロー!プロジェクトのエースから構成されるユニットだ。
「DIVA」、つまり「歌姫」という意味がユニット名に冠され、名実ともに選ばれたエース集団がこのDEF.DIVAなのである。

ハロプロ史上、ここまでのエースが集結したユニットはないのではないだろうか。
般若心経ほどお経界の中で凝縮されたものはなく、DEF.DIVAほどアイドル界で凝縮されたユニットはいない。

つまり、『般若心経』とは、膨大な数のある『一切経』の中で、仏教の基本的な思想である「空」を説明した『般若経』というグループに所属し、その深遠な教えの中からエッセンスを集めたお経である。

それは、膨大な数の「アイドル業界」の中で、一大アイドル文化を築き上げた「ハロー!プロジェクト」という派閥に所属し、その圧倒的なプロフェッショナルアイドルの中から、絶対的エースを集めたもの。つまり、DEF.DIVAと一緒なのだ。

もちろん、『般若心経』を翻訳したのは、つんく♂こと玄奘であり、1stシングル「好きすぎて バカみたい」を作詞作曲したのは、玄奘ことつんく♂である。

『般若心経』の中には「ハロプロみ」があり、DEF.DIVAの中には「」がある。

法事の際に『般若心経』を聞くことがあれば、進研ゼミのように、
「そうだ、『般若心経』はハロプロだった!」と思い出してくれたらいい。
逆に言えば、ハロプロを聴いたときに、『般若心経』を思い出してほしい。

ハロプロみを感じて感情が高ぶったのなら、法事でサイリウムを振ってもらっても構わない。『般若心経』の盛り上がりパート「ギャーテーギャーテー」では「Yeah Yeah Wow Wow」と叫んでもらってもいい!!そのまま、「LOVE LOVELY (住職の名前)」でコールを入れてもいい!!!!!!

是非はともかく、とりあえず、『般若心経』というお経がどれほどスゴいお経なのか、これで理解いただけたのではないだろうか。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

稲田ズイキ

いなだ・ずいき●僧侶。1992年京都の月仲山称名寺生まれで現・副住職。同志社大学を卒業、同大学院法学研究科を中退、その後デジタルエージェンシー企業インフォバーンに入社。2018年に独立し、寺に定住せず煩悩タップリな企画をやる「煩悩クリエイター」として活動中。コラム連載など、文筆業のかたわら、お寺ミュージカル映画祭「テ・ラ・ランド」や失恋浄化バー「失恋供養」、煩悩浄化トークイベント「煩悩ナイト」などリアルイベントを企画しています。フリースタイルな僧侶たちWeb編集長。Twitter @andymizuki
過去の執筆・出演記事はこちら


竹内佐千子

たけうち・さちこ●漫画家。おっかけ対象が男子で恋愛対象が女子のレズビアン。
自身の恋愛体験を描いたコミックエッセイをはじめ、おっかけ、腐女子、などをテーマにしたコミックエッセイを描き続け、最近はストーリー漫画も描いている。
赤ちゃん本部長』(講談社)、『生きるために必要だから、イケメンに会いに行った。』(ぶんか社)など。
ホームページhttp://takeuchisachiko.jp/
Twitter @takeuchisachiko

週間ランキング 今読まれているホットな記事